ホテルの部屋タイプ「ツイン」と「ダブル」って同じ意味のように感じますよね。
でも実際はまったく違うんですよ!!

当然料金も変わってくるので、自分が望む部屋タイプじゃなかったら損をしてしまいます。

知ってしまえばなんてことは無いので、一緒に違いを見ていきましょう。

Sponsored Link

ツインとダブルの違いはベッドの数!

それでは説明に移ります。
「ツイン」はシングルサイズ(1人用)のベッドが2つある部屋のことです。
一般的には夫婦や彼氏、彼女、友人、同僚などと2人で1つの部屋に宿泊する際に利用します。

シングルの部屋を2つ利用するより料金は安くなります。

次に「ダブル」についてです。
ダブルサイズ(2人用)の大きなベッドが1つある部屋のことです。
1つのベッドで2人が寝るようになるので、友人や同僚と宿泊する際に「ダブル」を利用してしまうと・・・

夫婦やカップルで1つのベッドで寝ても問題ない場合は「ダブル」を利用します。
料金は当然シングルより高くなりますが、2人で1つのベッドなのでツインよりかは安いです。

Sponsored Link

部屋タイプの選択の仕方まとめ

1人で安く宿泊したい場合は「シングル」
2人で1つの部屋、一緒のベッドで寝たい場合は「ダブル」
2人で1つの部屋、ベッドは別の場合は「ツイン」

※ベッドの大きさはホテルによって違うので確認しておきましょう。

簡単ですが以上になります。
参考にして頂ければ幸いです。