高速道路のIC付近で、後部座席シートベルト着用の取り締まりを行っているというのはもう有名な話ですよね。

しかし、一般道で取り締まられたという話を聞いたことがない方がほとんどで「一般道では後部座席のシートベルト着用は義務ではない」と思っている方もいるのでは??
それは大きな間違えですよ!!

それではシートベルトに関するルールについて一緒に見ていきましょう。

Sponsored Link

全席シートベルト着用が義務化されている!

後部座席のシートベルト着用義務は高速道路だけ」と思っているかたも多いと思いますが、平成20年に実施された【道路交通法改正】によって全ての座席でのシートベルト着用が義務化されました!!

道路交通法第71条の3
自動車(大型自動二輪車及び普通自動二輪車を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定により当該自動車に備えなければならないこととされている座席ベルト(以下「座席ベルト」という。)を装着しないで自動車を運転してはならない。
(後略)
自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転者席以外の乗車装置(当該乗車装置につき座席ベルトを備えなければならないこととされているものに限る。以下この項において同じ。)に乗車させて自動車を運転してはならない。
(後略)
引用元:警察庁ホームページ

どういうことか簡単に説明すると、

・シートベルトを着用せずに車を運転してはいけません。
・運転手はシートベルトを着用していない人がいる状態で車を運転してはいけません。

ということです。

すなわち、高速道路だろうが一般道だろうが、車が動いてる際は乗っている人みんながシートベルトを着用していなければならないということですね。

ですが実際には、一般道では後部座席で子供が遊んでいたり、大人でも後部座席の人はシートベルトをしていないという状況を良く目にします。

始めにも書きましたが、一般道でシートベルト着用の取り締まりを行っていないことが原因ではないかと推測できます。

全席義務化されているのに、なぜ一般道では取り締まりをしていないのか?

現状では罰則があるのが高速道路だけだからです!!

全席着用の義務化が決定した際に、激変緩和措置とでもいうのか「当面の期間は一般道での取り締まりは行わないという」という事になり、現在もまだ継続されているからです。

したがって法律上は全席着用が義務化しているので、いつ警察の対応が変わり一般道でも取り締まりを初めてもおかしくないといことです。

Sponsored Link

取り締まり・罰則に関係なく全席着用するべき!!

今まではシートベルト着用に関するルールについて書いてきましたが、
取り締まりがどうのこうの・・・
罰則がどうのこうの・・・
ではなく、命を守るためにシートベルトは着用するべきなんです!

後部座席は、お子様が乗ることも多くエアバッグが装備されていない車も多いのが現状です。
後部座席こそシートベルトを着用する必要性が高いと思います!!

自分は元より、大切な家族・友人を守るためにも運転する際はシートベルトの着用を促せるようになりたいですね。