足の冷えが気になり靴下を履いたまま寝るという人も多いと思います。
私もその1人でした。
「でした」というのも、現在は靴下を履かずに寝るようにしています。

ここでは、靴下を履いたまま寝るのがダメな理由とおすすめの改善方法を紹介します。

Sponsored Link

靴下を履いたまま寝るのがダメな理由!

まず、ご存知とは思いますが、足の冷え性は血行が悪いことが1番の原因と考えられています。

靴下を履いたまま寝ると靴下により足が圧迫されるので血流やリンパの流れも悪くなってしまうので、寝ている間にどんどん足先が冷えていってしまいます!!

では圧迫されない緩めの靴下なら良いのでしょうか?

緩い靴下でもダメな理由!

圧迫が良くないのなら緩めの靴下を履けば良いような気がしますが、それでもダメな理由があったんですね。

靴下を履いたまま寝る事により、足先は通常よりも多く汗をかきます。
また靴下により水蒸気が溜まり、靴下の内側は汗と水蒸気で湿ってきます。

その汗や水蒸気によって足先から体温を奪う事になってしまうので、緩い靴下でもNGなんですね。

さらに靴下によって一時的に暖められることにより本来の体温調節機能が衰えてしまうこともあります。

靴下を履いて寝る習慣が付いていた方には難しいとは思いますが、次に他の方法を紹介するので靴下を履かずに寝れるようにして行きましょう。

Sponsored Link

足の冷えを改善する方法!!

まず1つ目は緩めの靴下を履いて寝る事です。

???緩めの靴下でもダメな理由を述べたばかりなのに何を言っているんだ?と思われた思いますが、ここでおすすめするにはすぐに脱げてしまうぐらい緩くした靴下の事です。

今まで靴下を履いて寝ていた方がすぐに靴下を履かずに寝るのは難しいことです。
そこで、寝ている間にすぐに脱げてしますようなユルユルの靴下を履いて寝ます。すぐに脱げてしまうので、足先の体温を奪ってしまう心配もないでしょう。

次におすすめするのが「レッグウォーマー」を履いて寝る方法です。
こちらも少し緩めのモノが良いでしょう。
靴下とは違い、レッグウォーマーなら足首を優しく包んで暖めてくれるので、血流がよくなり足先まで暖めることができます。

最後は定番の方法になりますが「足湯」です。
洗面器に42℃〜45℃のお湯を入れて5分程足を浸けているだけでも十分です。
継続する事で冷え性改善に繋がります。

以上がおすすめの方法になります。
ぜひ参考にしてみてください。