皆様は「クリスマス島」ってご存知ですか??
名前から想像すると、
・年中雪が積もっている。
・サンタさんが住んでいる。
・クリスマス発症の地である。
といったイメージだったんですが、実際はまったく違っていたようです!!

Sponsored Link

クリスマス島にサンタはいなかった・・・

まずはクリスマス島の場所ですが、ハワイの真南約2,000キロの位置にあります。
クリスマス島
日付変更線付近に位置しているため、地球上で1番早く新年を迎える場所としても知られているようです。
また赤道付近のため雪とは無縁!!年中暑い地域です。
当然サンタクロースも住んでいません。

名前から想像していたことは、ことごとく裏切られましたね・・・

ではなぜ「クリスマス島」と呼ばれているのでしょうか?

発見されたのがクリスマスイヴだった?

1777年の12月24日クリスマスイヴの日に冒険家キャプテン・クックがこの島を発見したことから「クリスマス島」と呼ばれるようになったみたいですね。

キャプテン・クックさんのセンス次第では「クリスマスイヴ島」になっていたかも知れませんね!w

どちらにせよ現在は名前だけでクリスマスやサンタクロースとは関係ないということです。

Sponsored Link

ついでにクリスマス島について紹介!!

実は日本でも知る人ぞ知る観光スポットのようです。
釣りやダイビングで訪れる観光客が多いみたいですね。

世界最大のサンゴ礁の島なので水深1・2メートルの浅瀬で美しい海の世界が広がっています。
ダイビングのライセンスを持っていなくても、スノーケリングや泳げない方でも浮き輪を使って楽しめるようです。

さらには日本の有志によって中断されていた塩田事業が再開されたことにより、日本に対してのみ塩の輸出が行われています。
それを使ってカルビーが「クリスマス島の塩味」としてポテトチップスを販売していました。

もっと詳しくクリスマス島について知りたい方はコチラのサイトで詳しく説明されていますので参考にしてみてください。

サンタがいる島についてはまた調査しておきたいと思います。