お酒を断るのってかなり難しいですよね。

飲み会の雰囲気や上司の機嫌を気にしてしまい、無理して飲む。
そして嘔吐を繰り返す・・・

そんな日々を乗り越えてきた先輩から若手社員に上手なお酒の断り方を伝授します!!

Sponsored Link

雰囲気を壊さずにお酒を断る方法3選!!

その1「食事や飲み物の量に気を配る!」

特にバイキング形式の場合、食べ物を取りに行ったり、上司、先輩の飲み物に気を配って忙しそうにしていると飲まされる機会が減り、気配りもできると思われるので一石二鳥です。
新入社員にはおすすめの方法ですね。

その2:限界が近づいて来たと感じたらトイレに行く!

これはちょっと卑怯な方法ですが、自分を守るためです!
飲まされてしまい限界が近づいてきたと感じたらトイレに行きます。そしてしばらく個室で休憩し戻ります。

すると上司や、先輩が少し心配してくれると思うので、申し訳なさそうな顔をして嘔吐してしまったジェスチャーをします。
申し訳なさそうな顔をする事が重要です!!

これで良心的な先輩方なら雰囲気を壊すことなく「これ以上は飲めない」と伝える事ができます。
これは自分がお酒に弱い事をある程度知っている方と飲む時に有効です。

限界になってからではホントに嘔吐してしますのでその点はご注意を!!

その3:焼酎の水割りを飲む!

お酒の弱い人は焼酎なんか飲めませんよね?私も飲めません。
ですが、あえて焼酎を頼みます。

こっそり店員に水割りの薄めを注文できたら尚良しです!
焼酎を持っていると飲んでいないと思われにくいです。

さらに焼酎ならビールと違い、先輩に勧められてグラスの残りを一気に飲み干すという事も起こりません。

氷が解けてくるとどんどん薄くなり焼酎もグラスの底の方に溜まります。もし飲むように勧められてもグラスの上の方はかなりアルコールが薄いのでそこだけ飲めば大丈夫です。

以上が私が実勢している方法です。

ただ職場でのポジションや自信キャラによっても変わってくると思うので他の方法も紹介します!

Sponsored Link

他にもある!飲み会を乗り切る方法!

・この後車を運転する用事があるので・・・
1回ぐらいなら良いかもしれませんが、何度も使っていると空気が読めないヤツと思われますね。
二度と合わない人との飲み会では抜群の効果を発揮すると思います。

・飲めない体質であると告げる!!
これが出来たら苦労しませんよね。ですが、長い目で見ると自分は飲めないと周囲の方に理解してもらうことは重要だと思います。

・風薬等を服用していると言う
常識のある人ならお酒を勧めることはないでしょう。
何度も使える手段ではありませんね。

以上です。
他にも嘘をつけばいくらであるとは思いますが、どれもその場しのぎにしかなりませんね。

やはり重要なことは自分が飲めない事を理解してもらうことだと思います。
その上で始めに紹介して3つの方法を上手く使えば雰囲気を壊す事なく自分自身も飲み会を楽しむことができるようになるでしょう!!

新入社員の方々はとにかく気配りをしていれば、飲めなくても評価が悪くなる事はありません!
飲めないのに無理矢理飲ましてくるな!という気持ちはあるでしょうが、こちらが気を使っていれば飲めない事も理解してくれるハズです。