クラウンロイヤル

クラウンはトヨタの高級セダンです。デビューは1955年、現行車は14代目となります。「いつかはクラウン」のキャッチコピーのように長年トヨタの最上級車種として君臨してきました。

その後セルシオの登場、そしてレクサスブランドの設定により、日本の最高級ではなくなりはしましたが、いわばトヨタの最高級、日本の、和の最高級車として生き残ってきました。

「ゼロクラウン」や「CROWN Re BORN」といったイメージ戦略などを経て、まだまだこれからも愛されていくのでしょう。

未使用車専門店.comでは全国の未使用車専門店を紹介しています。

画像出典:http://toyota.jp/crownroyal/

クラウン(ロイヤルシリーズ)のグレード

【ガソリン車】

  • 「2.5 ロイヤル/2.5 ロイヤル i-Four」
  • 「2.5 ロイヤルサルーン/2.5 ロイヤルサルーン」
  • 「2.5 ロイヤルサルーンG/2.5 ロイヤルサルーン」

【ハイブリッド車】

  • 「Hybrid ロイヤル/Hybrid ロイヤル Four」
  • 「Hybrid ロイヤルサルーン/Hybrid ロイヤルサルーン Four」
  • 「Hybrid ロイヤルサルーンG/Hybrid ロイヤルサルーンG Four」

エンジンは2.5L、2.5L+モーター。
ミッションは6 Super ECT、電気式無段変速機。
駆動は2WDと4WDがグレードごとに設定されています。

「2.5 ロイヤル/2.5 ロイヤル i-Four」の特徴

  • 16インチアルミホイール(シルバーメタリック)&センターオーナメント
  • ウレタンステアリングホイール
クラウンでウレタンステアリングのグレードがあるとは思いませんでした。

「2.5 ロイヤルサルーン/2.5 ロイヤルサルーン」の特徴

  • 16インチアルミホイール(シルバーメタリック)&センターオーナメント
  • 本革巻きステアリングホイール
  • イージークローザー(ラゲージドア)
このグレードからクラウンらしい装備になっていると思います。すごいのがイージークローザー。完全に閉まっていないラゲージドアを自動で閉めてくれます。

「2.5 ロイヤルサルーンG/2.5 ロイヤルサルーン」の特徴

  • 16インチアルミホイール(シルバーメタリック)&センターオーナメント
  • 本革巻きステアリングホイール
  • リヤパワーシート
  • リヤセンターアームレスト(カップホルダー+ボックス&各種コントロールスイッチ付)
  • アダプティブハイビームシステム(インテリジェントAFS・ポップアップ式ヘッドランプクリーナー付)
  • マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ステアリング・シート・ドアミラー)
  • パワーイージーアクセスシステム(運転席)
  • イージークローザー(フロントドア&リヤドア+ラゲージドア)
このグレードではパワーイージーアクセスシステム。ドアの開け閉めで自動で乗り降りしやすいようにシートを前後動させてくれます。マイコンプリセットドライビングポジションシステムは、ボタンひとつで記憶させておいたポジションになるようにステアリング、シート、ドアミラーをセットしてくれるシステムです。

「Hybrid ロイヤル/Hybrid ロイヤル Four」の特徴

  • 16インチアルミホイール(シルバーメタリック)&センターオーナメント
  • 本革巻きステアリングホイール
ハイブリッドのエントリグレードは本革巻きステアリングです。

「Hybrid ロイヤルサルーン/Hybrid ロイヤルサルーン Four」の特徴

  • 16インチアルミホイール(シルバーメタリック)&センターオーナメント
  • 本革巻きステアリングホイール
  • イージークローザー(ラゲージドア)
前述のラゲージドアのイージークローザーがついています。

「Hybrid ロイヤルサルーンG/Hybrid ロイヤルサルーンG Four」の特徴

  • 16インチアルミホイール(シルバーメタリック)&センターオーナメント
  • 本革巻きステアリングホイール
  • リヤパワーシート
  • リヤセンターアームレスト(カップホルダー+ボックス&各種コントロールスイッチ付)
  • アダプティブハイビームシステム(インテリジェントAFS・ポップアップ式ヘッドランプクリーナー付)
  • マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ステアリング・シート・ドアミラー)
  • パワーイージーアクセスシステム(運転席)
  • イージークローザー(フロントドア&リヤドア+ラゲージドア)
アダプティブハイビームシステムは、オートマチックハイビームをさらに進化させ、部分的に遮光することにより明るくかつまぶしくないようにするシステムです。

価格

ガソリン車:3,730,000円~5,377,000円
ハイブリッド車:4,310,000円~5,906,000円

安全装備について

クラウンにはトヨタの先進安全装備「Toyota Safety Sense」の設定はありません。

  • プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)
  • レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)
  • アダプティブハイビームシステム
  • インテリジェントAFS
  • SRSニーエアバッグ(運転席)
  • SRSサイドエアバッグ(前席)/SRSサイドエアバッグ(後左右席)
  • SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)
  • 全方位コンパティビリティボディ構造

など。

最後に

以上、トヨタクラウン(ロイヤルシリーズ)をみてみました。

もちろん価格は高いのですが、レクサスLSのような高さではありません。しかし装備も含めてクラウンの名に恥じない車で、逆にこの価格でここまでできるのかという内容になっていました。

軽自動車から高級セダンまで、日進月歩でいろいろな新技術、新機能、新装備になっていて、クラウンにおいてもそれは変わらないことがわかりました。

「車はトヨタ」、「いつかはクラウン」。そんな感覚でこの車を買う人はこの車の走りや、本当のよさがわからず、挙句ついている機能を知らなかったりするのでは?と思うのは私だけでしょうか。

  1. 車の下取りで損していませんか?

  2. kantansatei2
  3. 知ってる人はみんな使ってる!

    (無料)一括査定で愛車を最高値を調査!