86

86はトヨタのスポーツカーです。デビューは2012年、2016年にマイナーチェンジしています。

1983年から1987年に販売されていたカローラーレビン、スプリンタートレノ、型式名AE86、通称86はシリーズ最後のFRでした。ライトウェイトFRスポーツとして人気があり、その後のAE92がFFになったため、絶版後走り屋やチューニングマニアの間でさらに人気が高まりました。

そこに主人公が86を駆り、当時の最新スポーツカーと対等以上に渡り合うという人気漫画が現れたため、ミーハー層まで巻き込みいまだにヒストリックカーとして人気があります。

スポーツカーを作らなくなったトヨタがスバルと共同開発で作ったライトウェイトFRスポーツカーに86の名前を復活させたのです。

未使用車専門店.comでは全国の未使用車専門店を紹介しています。

画像出典:http://toyota.jp/86/

86のグレード

  • 「G」
  • 「GT」
  • 「GT “Limited”」

エンジンは2.0Lガソリンのみ。
ミッションは6-Speed SPDS(6 Super ECT)、6速マニュアル。
駆動はFRのみです。

「G」の特徴

  • 16インチアルミホイール
  • Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ+LEDターンランプ
  • ウレタン3本スポークステアリングホイール
  • ウレタンシフトレバーノブ&パーキングブレーキレバー
  • ワイヤレスドアロックリモートコントロール
  • ファブリックシート表皮
  • マニュアルエアコン&ダイヤル式ヒーターコントロールパネル(Tメッシュパターン柄)
レースのベース車両としてはこれが一番いいでしょう。街乗り用としてはちょっと物足りない装備です。ウレタンステアリング、ウレタンシフトノブ、マニュアルエアコン等。

「GT」の特徴

  • 17インチアルミホイール
  • Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ+LEDターンランプ
  • LEDフロントフォグランプ
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • ステアリングスイッチ
  • パドルシフト(AT)
  • 本革巻きシフトレバーノブ&パーキングブレーキレバー
  • クルーズコントロール(AT)
  • スポーツアルミペダル(アクセル・ブレーキ・クラッチ[MT車]・フットレスト)
  • スマートエントリー&スタートシステム
  • ファブリック(上級タイプ)(ダブルステッチ付)シート表皮
  • 左右独立温度コントロールフルオートエアコン&ピアノタッチスイッチ+ダイヤル式ヒーターコントロールパネル(Tメッシュカーボン柄加飾)
街乗り用と考えたら、最低限これだけの装備はほしいところです。逆にピュアスポーツと考えればこれくらいがちょうどいいのでは。17インチアルミ、本革巻きステアリング、シフトノブ、オートエアコン等。

「GT “Limited”」の特徴

  • 17インチアルミホイール
  • リヤスポイラー
  • Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ+LEDターンランプ
  • LEDフロントフォグランプ
  • リヤフォグランプ
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • ステアリングスイッチ
  • パドルシフト(AT)
  • 本革巻きシフトレバーノブ&パーキングブレーキレバー
  • クルーズコントロール
  • スポーツアルミペダル(アクセル・ブレーキ・クラッチ[MT車]・フットレスト)
  • スマートエントリー&スタートシステム
  • 本革×アルカンターラ®(シートヒーター[運転席・助手席]・ダブルステッチ付)シート表皮
  • 左右独立温度コントロールフルオートエアコン&ピアノタッチスイッチ+ダイヤル式ヒーターコントロールパネル(Tメッシュカーボン柄加飾)
ちょっとプレミアム感を楽しみたかったらこれがおススメ。特にシートを社外にしないのであれば、本革×アルカンターラは豪華です。

価格

2,623,320円~6AT:3,250,800円

安全装備について

86はトヨタの先進安全装備「Toyota Safety Sense」の設定はありません。

  • SRSエアバッグ(運転席・助手席)
  • SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)
  • SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)
  • むち打ち傷害軽減フロントシート(WILコンセプトシート)

など。

最後に

以上、トヨタ86をみてきました。

装備的には当時の86よりはいいものの1時代前を感じさせます。また、例えばマツダのロードスターなどは細かいパーツ単位で軽量化を図ったといいます。それを考えるとちょっと中途半端感は感じないこともないです。

スバルのBRZがトヨタの力を借りていままでに経験のないスバルを作ったのに比べると、86はやはり共同開発ではなくトヨタ単体でTE27から続く伝統の力でよみがえらせてもらいたかったものです。もちろんBRZより86の方が圧倒的に売れていることはわかっていますが。

  1. 車の下取りで損していませんか?

  2. kantansatei2
  3. 知ってる人はみんな使ってる!

    (無料)一括査定で愛車を最高値を調査!