エスクァイア

トヨタエスクァイアは、2014年にデビューしたミニバンです。

またトヨタが高級ミニバンを出した、と思って気に留めていなかったのですが、よく見てみるとヴォクシーにそっくり。と思ったらノアとヴォクシーをベースにし、「上質感」、「上級感」、「高級感」を出した車種とのこと。

さすがトヨタ、抜け目がないというか、隙間を作らないというか、最近のユーザーの多種多様な価値観をつかもうという姿勢が感じられます。

ノアヴォクシーには「G’s」があるわけですから、また違った価値観の高級感を表現したということでしょう。

未使用車専門店.comでは全国の未使用車専門店を紹介しています。

画像出典:http://toyota.jp/esquire/

エスクァイアのグレード

ガソリン車

  • 「Xi」
  • 「Gi」

ハイブリッド

  • 「HYBRID Xi」
  • 「HYBRID Gi」

ミッションはハイブリッドが電気式無段変速機、ガソリン車がSuper CVT-i(自動無段変速機/7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付)。

駆動はハイブリッドが2WD、ガソリン車が2WDと4WD。
そして7人乗りと8人乗り、さらにサイドリフトアップシート装着車”7人乗りとなっています。

「Xi」の特徴

エスクァイア

  • 15インチアルミホイール
  • フロントフォグランプ
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • 本革巻きシフトノブ
  • 消臭機能付ファブリックシート表皮
  • オプティトロンメーター
  • ワイヤレスドアロックリモートコントロール
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+蓄冷エバポレーター付)
もうすでにこの車種自体がノアとヴォクシーの上級グレード的車種なので、「Xi」がエントリーグレードとは言えないと思います。アルミホイール、本革巻きステアリング、シフトノブ、オートエアコンと十分上級グレードです。

「Gi」の特徴

エスクァイア

  • 15インチアルミホイール
  • フロントフォグランプ
  • スーパーUVカットガラス+撥水機能付(フロントドア)
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール(黒木目調加飾付)
  • 本革巻きシフトノブ(黒木目調加飾付)
  • 昇温降温抑制機能付合成皮革シート表皮
  • 快適温熱シート
  • オプティトロンメーター
  • スマートエントリー+プッシュスタートシステム
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+「ナノイー」+蓄冷エバポレーター付)
この車種を選ぶ人はその中でも最上級を狙うのでしょうか。ステアリング、シフトノブに黒木目調加飾付です。シートも豪華仕様。スマートエントリー+プッシュスタートシステムがこのグレードなのはちょっとイジワルではないでしょうか(「Xi」にもオプション設定あり)。

「HYBRID Xi」の特徴

エスクァイア

  • ハイブリッド専用15インチアルミホイール
  • フロントフォグランプ
  • スーパーUVカットガラス+撥水機能付(フロントドア)
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • エレクトロシフトマチック
  • 消臭機能付ファブリックシート表皮
  • 快適温熱シート
  • ハイブリッド専用オプティトロンメーター
  • スマートエントリー+プッシュスタートシステム
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+S-FLOW+湿度センサー付)
「HYBRID Xi」は「Xi」のハイブリッド版かと思いきや、スーパーUVカットガラス+撥水機能付(フロントドア)が装備されていたり、スマートエントリー+プッシュスタートシステムが標準装備であったりとこちらのほうが充実。エレクトロシフトマチックはハイブリッドならではです。

「HYBRID Gi」の特徴

エスクァイア

  • ハイブリッド専用15インチアルミホイール
  • フロントフォグランプ
  • スーパーUVカットガラス+撥水機能付(フロントドア)
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール(黒木目調加飾付)
  • エレクトロシフトマチック
  • 昇温降温抑制機能付合成皮革シート表皮
  • 快適温熱シート
  • ハイブリッド専用オプティトロンメーター
  • スマートエントリー+プッシュスタートシステム
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+「ナノイー」+S-FLOW+湿度センサー付)
こちらは装備は「Gi」とほぼ同じです。高級車種の最高級グレードをハイブリッドで楽しむといったところでしょうか。

グレードによる価格

ガソリン車:2,657,782円~3,146,923円
ハイブリッド車:3,108,437円~3,255,709円

安全装備について

toyotaa2

エスクァイアは新しい車だけあって、トヨタの先進安全装備“Toyota Safety Sense C”がついています。

“Toyota Safety Sense C”

  • プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム
  • 先行車発進告知機能

など。

トヨタの安全装備を解説!

最後に

以上、トヨタエスクァイアを見てきました。

ノアやヴォクシーでいいのではないか、「G’s」でいいのではないかとも思いますが、これはこれでまた違った高級感ということでいいのでしょう。

外面の豊かさより内面の豊かさを求めるといった感じでしょうか。

さらにこの高級車種のなかでまだグレードにより差別化する。全ユーザーが最高級グレードを購入するとしても、その下のグレードが用意されているというのは、ユーザーの優越感を刺激するには必要なことなのでしょう。

損して得取れではないですが、それができてしまうトヨタという企業の力を感じる1台でもあるかもしれません。

  1. 車の下取りで損していませんか?

  2. kantansatei2
  3. 知ってる人はみんな使ってる!

    (無料)一括査定で愛車を最高値を調査!