ノア

トヨタノアは2001年にデビューしたミニバンです。

ヴォクシーエスクァイアと姉妹車です。ノアがトヨタカローラ店、ヴォクシーがネッツ店、エスクァイアがトヨタ店とトヨペット店で、このシリーズは、車種は違うもののどの系列の店舗でも購入できるようになっています。

ただ味付けが違い、ノアは家庭向き、ヴォクシーは独身、男性向き、エスクァイアは高級志向となっています。今回は一番マイルドで親しみやすいノアについてみていきたいと思います。

未使用車専門店.comでは全国の未使用車専門店を紹介しています。

画像出典:http://toyota.jp/noah/

ノアのグレード

ガソリン車

  • 「X“V Package”」
  • 「X」
  • 「G」
  • 「Si」

ハイブリッド車

  • 「HYBRID X」
  • 「HYBRID G」
  • 「HYBRID Si」

特別仕様車

  • 「HYBRID Si“W×B”/Si“W×B”」
  • 「Gʼs」

「X“V Package”」の特徴

ノア

  • 15インチスチールホイール(樹脂フルキャップ付)
  • ウレタン3本スポークステアリングホイール
  • オプティトロンメーター
  • ワイヤレスドアロックリモートコントロール+ワイヤレスキー
  • マルチインフォメーションディスプレイ(3.5インチモノクロ)
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール)
「X“V Package”」の装備の特徴は、エントリーグレードとして最低限の装備になっています。スチールホイール、ウレタンステアリング。ただしオートエアコンは標準装備です。

「X」の特徴

ノア

  • 15インチスチールホイール(樹脂フルキャップ付)
  • ウレタン3本スポークステアリングホイール
  • オプティトロンメーター
  • ワイヤレスドアロックリモートコントロール+ワイヤレスキー
  • マルチインフォメーションディスプレイ(3.5インチモノクロ)
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+蓄冷エバポレーター付)
ここに載っていない内容で、「X“V Package”」と「X」の違いは、アイドリングストップ装置、LEDヘッドランプといった違いになります。

「G」の特徴

ノア

  • 15インチアルミホイール
  • フロントフォグランプ
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • 本革巻きシフトノブ
  • 消臭機能付シート表皮</li>
  • オプティトロンメーター(ハイグレード)
  • スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム+スマートキー
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)
  • クルーズコントロール
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+「ナノイー」+蓄冷エバポレーター付)
「G」になると急に装備が充実します。スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム、アルミホイール、本革巻きステアリング、シフトノブ、クルーズコントロールなど。

「Si」

ノア

  • 16インチアルミホイール
  • フロントフォグランプ
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • 本革巻きシフトノブ
  • 消臭機能付シート表皮
  • オプティトロンメーター(ハイグレード)
  • スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム+スマートキー
  • マルチインフォメーションディスプレイ(3.5インチモノクロ)
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+蓄冷エバポレーター付)
「Si」は走りに振った装備になります。16インチアルミホイールなど。逆にマルチインフォメーションディスプレイがモノクロになり、エアコンにナノイーがつかなくグレードダウンしています。

「HYBRID X」の特徴

ノア

  • ハイブリッド専用15インチアルミホイール
  • ウレタン3本スポークステアリングホイール
  • エレクトロシフトマチック
  • ハイブリッド専用オプティトロンメーター
  • スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム+スマートキー
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+S-FLOW+湿度センサー付)
「HYBRID X」のエントリーグレードながら、アルミホイール、スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム等、ガソリン車よりの「X」より充実しています。

「HYBRID G」の特徴

ノア

  • ハイブリッド専用15インチアルミホイール
  • フロントフォグランプ
  • スーパーUVカットガラス+撥水機能付(フロントドア)
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • エレクトロシフトマチック
  • 消臭機能付シート表皮
  • 快適温熱シート(運転席・助手席)
  • ハイブリッド専用オプティトロンメーター
  • スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム+スマートキー
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)
  • クルーズコントロール
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+「ナノイー」+S-FLOW+湿度センサー付)
「HYBRID G」でグレードアップされるのは、フロントフォグランプ、スーパーUVカットガラス、シートの機能、クルーズコントロール、ナノイー付きエアコン。

「HYBRID Si」

ノア

  • ハイブリッドSi専用16インチ鍛造アルミホイール
  • フロントフォグランプ
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • エレクトロシフトマチック
  • 消臭機能付シート表皮
  • ハイブリッド専用オプティトロンメーター
  • スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム+スマートキー
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+S-FLOW+湿度センサー付)
こちらもガソリン車「Si」同様、走りに振った装備になっています。16インチ鍛造アルミホイールなど。グレードダウンは、スーパーUVカットガラス+撥水機能付(フロントドア)、快適温熱シート(運転席・助手席)、クルーズコントロール等。

「HYBRID Si“W×B”/Si“W×B”」の特徴

ノア

  • ハイブリッドSi専用16インチ鍛造アルミホイール
  • フロントフォグランプベゼル[スモークメッキ]
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • エレクトロシフトマチック
  • 専用シート表皮[合成皮革+ファブリック&ホワイトステッチ/消臭機能付]
  • ハイブリッド専用オプティトロンメーター
  • スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム+スマートキー
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+S-FLOW+湿度センサー付)
特別仕様車になります。大きなところでは、16インチ鍛造アルミホイール(ハイブリッド)、フォグランプベゼル、専用シート表皮(ホワイトステッチ)です。

「Gʼs」の特徴

ノア

  • Gʼs専用18インチアルミホイール(エンケイ製)
  • Gʼs専用フードモール
  • Gʼs専用フロントグリル
  • Gʼs専用フロント大型バンパー
  • Gʼs専用LEDイルミネーションビーム
  • バックドアガーニッシュ(Gʼs専用スモークメッキ加飾)
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール(シルバーステッチ+ディンプル+スポーク部:ダークシルバー塗装)
  • 本革巻きシフトノブ(シルバーステッチ+ディンプル)
  • Gʼs専用フロントスポーティシート(運転席・助手席/ Gʼsエンブレム付)/シート表皮(メイン部:スエード調/サイド部:合成皮革+シルバーステッチ)
  • LEDヘッドランプ(オートレベリング[ロービーム]機能付・Gʼs専用ブラックエクステンション加飾)+LEDクリアランスランプ
  • Gʼs専用リヤ大型バンパー
  • Gʼs専用エンブレム(フェンダー・バックドア)
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー/Gʼs専用オープニング画面)
  • オプティトロンメーター(Gʼs専用高輝度シルバーパネル+レッド照明+Gʼsロゴ付)
  • Gʼs専用スタートスイッチ(レッド/Gʼsロゴ付)
  • プッシュ式フロントヒーターコントロールパネル(Gʼs専用ピアノブラック塗装)
もうすべてがGʼs専用と言っていいでしょう。エクステリアの18インチアルミ、エアロ、LEDイルミネーション、インテリアの本革巻きステアリングのステッチ、専用シート等。

グレードによる価格

ガソリン車:2,254,255円~3,002,793円
ハイブリッド車:2,996,509円~3,229,200円
「HYBRID Si“W×B”/Si“W×B”」:2,800,440円~3,411,720円
「Gʼs」:3,119,237円

安全装備について

toyotaa2

ノアにはトヨタの先進安全装備“Toyota Safety Sense C”がついています(グレードによってはオプション)

“Toyota Safety Sense C”

  • プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム
  • 先行車発進告知機能

など。

最後に

以上、トヨタノアを見てきました。

最近のこのカテゴリーは、エントリーグレードからオートエアコンであったりと装備はかなり充実しているという印象です。

また価格に驚きです。個人的に高級車の低グレードに乗るより、大衆車の最高グレードに乗ってきていますが、このクラスでグレードにより300万越えがあるのは驚きです。

それだけユーザーも単にステイタスだけで車を選ぶのではなく、中身であったり、使いやすさ、快適さで車を選ぶようになってきているということでしょうか。

  1. 車の下取りで損していませんか?

  2. kantansatei2
  3. 知ってる人はみんな使ってる!

    (無料)一括査定で愛車を最高値を調査!