ヴォクシー

トヨタヴォクシーはミニバン型乗用車です。2001年にデビューし現在3代目になります。

同じトヨタのノアと兄弟車になりますが、違いはフロントフェイスだけ。ヴォクシーはスポーティなイメージ、ノアはファミリー向けのイメージだと思います。

CMを見てもわかりますが、購入の際家族のだれがイニシアティブを握っているかで選択は決まってくると思います。ところが走りのイメージを前面に題している「G’s」がどちらの車種にも設定されているのがまた不思議なところです。

未使用車専門店.comでは全国の未使用車専門店を紹介しています。

画像出典:http://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーのグレード

ガソリン車

  • 「X“C Package”」
  • 「X」
  • 「V」
  • 「ZS」
  • 「ZS“煌(きらめき)Ⅱ”」
  • 「ZS“Gʼs”」

ハイブリッド車

  • 「HYBRID X」
  • 「HYBRID V」
  • 「HYBRID ZS」
  • 「ZS“煌(きらめき)Ⅱ”」

なお、ミッションはガソリン車がSuper CVT-i。
ハイブリッドが電気式無段変速機。

グレードによって2WD、4WD、7人乗り、8人乗りが用意されています。

「X“C Package”」の特徴

ヴォクシー

  • 15インチスチールホイール(樹脂フルキャップ付)
  • ウレタン3本スポークステアリングホイール
  • オプティトロンメーター
  • ワイヤレスドアロックリモートコントロール+ワイヤレスキー
  • マルチインフォメーションディスプレイ(3.5インチモノクロ)
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール)
「X“C Package”」の装備の特徴は、スチールホイール、ウレタンステアリングとコストを抑えた装備になっています。エントリーグレードでのオートエアコンはうれしいところです。

「X」の特徴

ヴォクシー

  • 15インチスチールホイール(樹脂フルキャップ付)
  • ウレタン3本スポークステアリングホイール
  • オプティトロンメーター
  • ワイヤレスドアロックリモートコントロール+ワイヤレスキー
  • マルチインフォメーションディスプレイ(3.5インチモノクロ)
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+蓄冷エバポレーター付)
「X」の装備の特徴は、オートエアコンにアイドリングストップ時も室内の温度上昇を抑える蓄冷エバポレーターがついていることです。

「V」の特徴

ヴォクシー

  • 15インチアルミホイール
  • フロントフォグランプ
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • 本革巻きシフトノブ
  • 消臭機能付シート表皮
  • オプティトロンメーター(ハイグレード)
  • スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム+スマートキー
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)
  • クルーズコントロール
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+「ナノイー」+蓄冷エバポレーター付)
「V」から装備が大きく変わります。アルミホイール、フォグランプ、本革ステアリング、シフトノブ、クルーズコントロール、スマートエントリーシステムなど。他のメーター類もグレードが上がります。エアコンにはナノイーも。

「ZS」の特徴

ヴォクシー

  • 16インチアルミホイール
  • フロントフォグランプ
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • 本革巻きシフトノブ
  • 消臭機能付シート表皮
  • オプティトロンメーター(ハイグレード)
  • スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム+スマートキー
  • マルチインフォメーションディスプレイ(3.5インチモノクロ)
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+蓄冷エバポレーター付)
「ZS」の装備の大きな特徴は、アルミホイールが16インチになることです。

「HYBRID X」の特徴

ヴォクシー

  • ハイブリッド専用15インチアルミホイール
  • ハイブリッドシンボルマーク(フロント・サイド・リヤ)
  • ウレタン3本スポークステアリングホイール
  • エレクトロシフトマチック
  • ハイブリッド専用オプティトロンメーター
  • スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム+スマートキー
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+S-FLOW+湿度センサー付)
「HYBRID X」の装備の特徴は、ハイブリッドのエントリーグレードとしてウレタンステアリングですが、アルミホイール、オートエアコンと基本的な装備も押さえています。

「HYBRID V」の特徴

ヴォクシー

  • ハイブリッド専用15インチアルミホイール
  • ハイブリッドシンボルマーク(フロント・サイド・リヤ)
  • フロントフォグランプ
  • スーパーUVカットガラス+撥水機能付(フロントドア)
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • エレクトロシフトマチック
  • 消臭機能付シート表皮
  • 快適温熱シート(運転席・助手席)
「HYBRID V」の装備の特徴はなんといっても本革巻きステアリングでしょう。他にもスーパーUVカットガラスや温熱シートが装備されています。

「HYBRID ZS」の特徴

ヴォクシー

  • ハイブリッドZS専用16インチ鍛造アルミホイール
  • ハイブリッドシンボルマーク(フロント・サイド・リヤ)
  • フロントフォグランプ
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • エレクトロシフトマチック
  • 消臭機能付シート表皮
  • ハイブリッド専用オプティトロンメーター
  • スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム+スマートキー
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+S-FLOW+湿度センサー付)
「HYBRID ZS」の装備の特徴はなんといっても16インチアルミホイール。またスマートエントリーシステムも装備しています。

「ZS“煌(きらめき)Ⅱ”」の特徴

ヴォクシー

  • 16インチ鍛造アルミホイール
  • シンボルマーク(フロント・サイド・リヤ)
  • LEDフロントフォグランプ
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • エレクトロシフトマチック
  • 消臭機能付シート表皮
  • スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム+スマートキー
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)
  • フロントオートエアコン(左右独立温度コントロール+S-FLOW+湿度センサー付)
「ZS“煌(きらめき)Ⅱ”」の装備の特徴は、エクステリアがメッキ類を多用していることと、インテリアにはピアノブラックやシルバー加飾を使用しています。

「ZS“Gʼs”」の特徴

ヴォクシー

  • Gʼs専用18インチアルミホイール(エンケイ製)
  • Gʼs専用フードモール/Gʼs専用フロントグリル/Gʼs専用フロント大型バンパー
  • Gʼs専用LEDイルミネーションビーム
  • バックドアガーニッシュ(Gʼs専用スモークメッキ加飾)
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール(シルバーステッチ+ディンプル+スポーク部:ダークシルバー塗装)
  • 本革巻きシフトノブ(シルバーステッチ+ディンプル)
  • Gʼs専用フロントスポーティシート(運転席・助手席/Gʼsエンブレム付)/シート表皮(メイン部:スエード調/サイド部:合成皮革+シルバーステッチ)
  • Gʼs専用リヤ大型バンパー
  • リヤコンビネーションランプガーニッシュ(Gʼs専用スモークメッキ加飾)
  • Gʼs専用エンブレム(フェンダー・バックドア)
  • マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー/Gʼs専用オープニング画面)
  • オプティトロンメーター(Gʼs専用高輝度シルバーパネル+レッド照明+Gʼsロゴ付)
  • Gʼs専用スタートスイッチ(レッド/Gʼsロゴ付)
「ZS“Gʼs”」の装備の特徴は、なんといってもあらゆるGʼs専用パーツの使用です。エクステリアの18インチアルミ、エアロから、インテリアのスポーティシート等。

グレードによる価格

ガソリン車
2,254,255円~3,092,040円

ハイブリッド車
2,996,509円~3,409,560円

「ZS“Gʼs”」
3,119,237円

安全装備について

toyotaa2

ヴォクシーにはトヨタの先進安全装備“Toyota Safety Sense C”がついています。

“Toyota Safety Sense C”

  • プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム
  • 先行車発進告知機能

など。

トヨタの安全装備を解説!

最後に

以上、トヨタヴォクシーを見てきました。ミニバンといえば最高峰はトヨタならアルファード、日産ならエルグランドですが、ヴォクシー、ノア、セレナは中堅クラスと思っていました。

しかしこうしてみてみると、このクラスもかなり高級感がウリになっていきていると感じました。特にヴォクシー、ノアは“Gʼs”がありますので、下手にアルファードのエントリーグレードを選択するとヴォクシー“Gʼs”と比べて見劣りしてしまうのではないでしょうか。

  1. 車の下取りで損していませんか?

  2. kantansatei2
  3. 知ってる人はみんな使ってる!

    (無料)一括査定で愛車を最高値を調査!