N-BOX+

ホンダN-BOX+はトールワゴン型の軽自動車です。

かつての名車「N360」をモチーフに、「New」「Next」「Nippon」「Norimono」を合言葉にはじめた「Nシリーズ」。その第2弾として登場したのがこのN-BOX+です。

N-BOX+の魅力はなんといってもそのスペースユーティリティ。

トランクスペースを斜めにして、オプションのスロープを組み合わせることによって、バイクや自転車などをそのまま室内に持ち込めるようにした「ユニバーサルブリッジ」。

後部シートを倒し、3つボードを使う「マルチスペースシステム」。

よりアウトドアに振ったコンセプトの車です。

未使用車専門店.comでは全国の未使用車専門店を紹介しています。

画像出典:http://www.honda.co.jp/Nboxplus/

N-BOX+のグレード

ノーマルグレード

  • 「G」
  • 「G・Lパッケージ」
  • 「G・ターボLパッケージ」
  • 「2tone color style G・Lパッケージ」
  • 「2tone color style G・ターボLパッケージ」

カスタム

  • 「G」
  • 「G・Lパッケージ」
  • 「G・ターボLパッケージ」
  • 「2tone color style G・Lパッケージ」
  • 「2tone color style G・ターボLパッケージ」

それぞれ駆動はFFか4WD、ミッションはすべてCVT。

グレードによる装備の違い

N=BOX+

「G」

  • マルチリフレクターハロゲンヘッドライト
  • 14インチスチールホイール+フルホイールキャップ
エントリーグレードとして最低限の装備です。「G」以外のグレードはそれほど装備が変わらないので、ある意味特徴のあるグレードと言えます。

「G・Lパッケージ」

  • マルチリフレクターハロゲンヘッドライト
  • スライドドア・イージークローザー
  • パワースライドドアリア左側
  • 360° スーパーUV・IRカット パッケージ
  • 14インチスチールホイール+フルホイールキャップ
2番目のグレードですが、スライドドアやUV・IRカットと装備が充実しています。

「2tone color style G・Lパッケージ」

N-BOX+

  • マルチリフレクターハロゲンヘッドライト
  • スライドドア・イージークローザー
  • パワースライドドアリア左側
  • クロームメッキ加飾
  • 360° スーパーUV・IRカット パッケージ
  • 14インチアルミホイール(ホワイト)
このグレードというか「2tone color style」ですが、外装色が変わるだけでなく、ホイールがアルミになるなどの違いがあります。

「G・ターボLパッケージ」

  • クルーズコントロール
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドライト
  • スライドドア・イージークローザー
  • パワースライドドアリア左側
  • クロームメッキ加飾
  • 本革巻ステアリングホイール
  • 360° スーパーUV・IRカット パッケージ
  • 14インチスチールホイール+フルホイールキャップ
  • パドルシフト
「2tone color style」も含め、ターボになるとクルーズコントロール、本革巻ステアリングホイール、パドルシフトが付きます。

「2tone color style G・ターボLパッケージ」

  • クルーズコントロール
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドライト
  • スライドドア・イージークローザー
  • パワースライドドアリア左側
  • クロームメッキ加飾
  • 本革巻ステアリングホイール
  • 360° スーパーUV・IRカット パッケージ
  • 14インチアルミホイール(ホワイト)
  • パドルシフト
「G・Lパッケージ」と同様ですが、「2tone color style 」になることによりアルミホイールが装着されます。

カスタム

N=BOX+

「G」

  • ディスチャージヘッドライト
  • カスタムデザインフロントグリル(ダーククロームメッキ)
  • フォグライト
  • 14インチスチールホイール+フルホイールキャップ
こちらも「G」がエントリーグレードとなりますが、他のグレードと大きく装備が異なります。エクステリアが違いますので、グリルやフォグライトがノーマルグレードと違います。

「G・Lパッケージ」

  • ディスチャージヘッドライト
  • スライドドア・イージークローザー
  • パワースライドドアリア左側
  • クロームメッキ加飾
  • ピアノブラック調インパネガーニッシュ
  • ピアノブラック調フロントドアガーニッシュ
  • カスタムデザインフロントグリル(ダーククロームメッキ)
  • 360° スーパーUV・IRカット パッケージ
  • フォグライト
  • 14インチアルミホイール
ノーマルグレード同様の違いがスライドドア系。またこのグレードからカスタムらしく、ピアノブラックのインテリアパネル、アルミホイールなどが装備されます。グリルは「2tone color style」が黒塗装、それ以外がダーククロームメッキになっています。

「2tone color style G・Lパッケージ」

N-BOX+

  • ディスチャージヘッドライト
  • スライドドア・イージークローザー
  • パワースライドドアリア左側
  • クロームメッキ加飾
  • ピアノブラック調インパネガーニッシュ
  • ピアノブラック調フロントドアガーニッシュ
  • ピアノブラック調ステアリングガーニッシュ
  • 本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ)
  • 本革巻セレクトレバー(レッドステッチ)
  • カスタムデザインフロントグリル(黒塗装)
  • 360° スーパーUV・IRカット パッケージ
  • フォグライト
  • 14インチアルミホイール(オールブラック)
主なところでは本革巻きステアリングでレッドステッチ付きになります。またアルミは「2tone color style」がオールブラックになっています。

「G・ターボLパッケージ」

  • クルーズコントロール
  • ディスチャージヘッドライト
  • スライドドア・イージークローザー
  • パワースライドドアリア左側
  • クロームメッキ加飾
  • ピアノブラック調インパネガーニッシュ
  • ピアノブラック調フロント&リアドアガーニッシュ
  • 本革巻ステアリングホイール(シルバーステッチ)
  • カスタムデザインフロントグリル(ダーククロームメッキ)
  • リアバンパーガーニッシュ(クロームメッキ)
  • 360° スーパーUV・IRカット パッケージ
  • フォグライト(LED)
  • 14インチアルミホイール
  • パドルシフト
「2tone color style」も含めターボになると、主にフォグランプがLEDになり、パドルシフトが付きます。

「2tone color style G・ターボLパッケージ」

  • クルーズコントロール
  • ディスチャージヘッドライト
  • スライドドア・イージークローザー
  • パワースライドドアリア左側
  • クロームメッキ加飾
  • ピアノブラック調インパネガーニッシュ
  • ピアノブラック調フロント&リアドアガーニッシュ
  • ピアノブラック調ステアリングガーニッシュ
  • 本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ)
  • 本革巻セレクトレバー(レッドステッチ)
  • カスタムデザインフロントグリル(黒塗装)
  • リアバンパーガーニッシュ(黒塗装)
  • 360° スーパーUV・IRカット パッケージ
  • フォグライト(LED)
  • 14インチアルミホイール(オールブラック)
  • パドルシフト
「2tone color style」における違いとして、一部「G・Lパッケージ」でもそうですが、フロントグリルやリアバンパーガーニッシュが黒塗装となっています。アルミも含めて「2tone color style」は黒を多用しているイメージです。

グレードによる価格

ノーマルグレード:1,340,000円~1,729,400円
カスタム:1,540,000円~1,929,400円

安全装備について

N-BOX+はオプションで「あんしんパッケージ」が用意されています。

  • シティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)
  • 前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム

など。

ホンダ車の安全装備を解説!

最後に

以上、N-BOX+を見てきました。

グレードというより「2tone color style」とそれ以外にそれなりに違いがあることが新鮮です。

確かに2トーンカラーとそれ以外では、エクステリアの見栄えでバランス的に異なることもあるかと思いますが、「2tone color style」以外でスチールホイールであるのが、「2tone color style」だとアルミであったりと、単にスチールホイールを白く塗るだけの対応ですませていません。

やはり「2tone color style」に乗るユーザーは、こだわりが強いという考え方をしているのでしょうか。

  1. 車の下取りで損していませんか?

  2. kantansatei2
  3. 知ってる人はみんな使ってる!

    (無料)一括査定で愛車を最高値を調査!