ミライース

ミライースは5ドアハッチバック型の軽自動車です。本来ミラの派生車種ですが、ミラの販売数を大きく上回り、ミラシリーズのメイン車種となっています。

とにかくデビューから燃費のよさを謳っていて、コンセプトは『第3のエコカー』。ハイブリッドや電気自動車(EV)は安くなったとはいえ高嶺の花、庶民の味方軽自動車でエコカーをということです。

エンジン、ミッション、ボディとトータル的に見直し、またアイドリングストップを導入することでデビュー当時軽燃費NO.1を実現しました。

未使用車専門店.comでは全国の未使用車専門店を紹介しています。

画像出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

ミライースのグレード

ミライースのグレード展開は最近に珍しく大きく2WDと4WDにわかれます。

2WDは、

  • 「D」
  • 「L」
  • 「X」
  • 「G」

4WDは、

  • 「Lf」
  • 「Xf」
  • 「Gf”SA”」

です。

「D」以外にはスマートアシストのグレード設定もあります。また「Gf”SA”」にはスマートアシスト以外のグレードはありません。

グレードによる装備の違い

「D」

  • 14インチスチールホイール
  • ウレタンステアリングホイール
  • マニュアルエアコン(ダイヤル式)
「D」の装備の特徴は、エントリーグレードとしてコストを抑えています。

「L」

  • 14インチフルホイールキャップ
  • ウレタンステアリングホイール(メッキオーナメント付)
  • キーレスエントリー
  • マニュアルエアコン(ダイヤル式)
「L」の装備の特徴は、キーレスエントリーが一番の特徴です、その他ステアリングにメッキオーナメントがつきます。

「X」

  • 14インチアルミホイール
  • ウレタンステアリングホイール(メッキオーナメント付)
  • キーレスエントリー
  • マニュアルエアコン(ダイヤル式)
「X」の装備の特徴は、ホイールがアルミになることです。

「G」

  • 14インチアルミホイール
  • 革巻きステアリングホイール(メッキオーナメント付)
  • キーフリーシステム
  • オートエアコン(プッシュ式)
  • SRSサイドエアバッグ
  • 運転席シートリフター&チルトステアリング
「G」の装備の特徴は、この車種最高の装備になり、革巻きステアリング、オートエアコン、運転席シートリフター&チルトステアリング。SRSサイドエアバッグまでついています。

「Lf」

  • 14インチフルホイールキャップ
  • ウレタンステアリングホイール(メッキオーナメント付)
  • キーレスエントリー
  • マニュアルエアコン(ダイヤル式)
「Lf」の装備の特徴は、コストを抑えている中でキーレスエントリーを装備していることです。

「Xf」

  • 14インチフルホイールキャップ
  • ウレタンステアリングホイール(メッキオーナメント付)
  • キーレスエントリー
  • マニュアルエアコン(ダイヤル式)
「Xf」の装備の特徴は、ここには紹介していませんが、「Lf」と比較し、ドアハンドルがブラックかシルバーorカラードか、スモークドガラスがついているかとういう違いになります。

「Gf”SA”」

  • 14インチフルホイールキャップ
  • ウレタンステアリングホイール(メッキオーナメント付)
  • キーフリーシステム
  • オートエアコン(プッシュ式)
  • SRSサイドエアバッグ
  • 運転席シートリフター&チルトステアリング
「Gf”SA”」の装備の特徴は、オートエアコン、SRSサイドエアバッグなどがついています。ホイールがアルミではない点が残念なところです。

グレードによる価格

「D」が一番安いグレードで、766,286円
一番高いグレードが「Gf”SA”」で、1,316,572円

安全装備について

スマアシ

「D」以外のグレードに「”SA”」スマートアシストグレードが設定されています。

スマートアシスト

  • 低速域衝突回避支援ブレーキ機能
  • 誤発進抑制制御機能
  • 先行車発進お知らせ機能
最後に

以上、ミライースを見てきましたが、装備を見てもとにかく車両重量を押さえて燃費をよく、また価格を低くしようと努力していることがわかります。

本当に生活の足として使用して、車にこだわりをもたない人、営業車などのように社有車として使用する、そんな車なのかなという感想を持ちました。

マツダのロードスターとまではいかなくても、装備までもを軽量化して充実させ魅力ある車にしてはどうかと思いますが、そうなるとカテゴリーが違ってきてしまうのでしょうか。

  1. 車の下取りで損していませんか?

  2. kantansatei2
  3. 知ってる人はみんな使ってる!

    (無料)一括査定で愛車を最高値を調査!