タント

ダイハツタントは、軽スーパーハイトワゴンです。

なんといっても特徴は、「ミラクルオープンドア」。助手席側のBピラー(助手席と助手席後部座席の間の柱)をなくし、広大な開口部が開けます。剛性が気になるところですが、通常の3倍以上の材質で助手席のドア後端とリアスライドドア前端部を補強しているそうです。

そんなタントがデビューしたのは2003年。以来小さいお子さんがいる家庭を中心に売り上げを伸ばし、月間売上台数もなんども一位になっています。

未使用車専門店.comでは全国の未使用車専門店を紹介しています。

画像出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

タントのグレード

人気車種だけあってグレードも多彩ですが、大きくノーマルグレードとカスタムグレードがあります。

ノーマルグレードは、

  • 「L」
  • 「L”SAⅡ”」
  • 「X」
  • 「X”SAⅡ”」
  • 「XホワイトアクセントSAⅡ」
  • 「Xターボ」
  • 「Xターボ”SAⅡ”」
  • 「G」
  • 「G”SAⅡ”」

と8種類。

カスタムグレードが、

  • 「X」
  • 「X”SAⅡ”」
  • 「X”トップエディションSAⅡ”」
  • 「RS」
  • 「RS”SAⅡ”」」
  • 「X”トップエディション”SAⅡ」

の6種類になっています。

グレードによる装備の違い

ノーマルグレード

「L」・「L”SAⅡ”」

タント

  • キーレスエントリー
  • マニュアルエアコン(ダイヤル式)
  • 電動格納式カラードドアミラー
「L」、「L”SAⅡ”」の装備の特徴は、コストを抑えた最低限の装備となっています。

「X」・「X”SAⅡ”」

タント

  • プッシュボタンスタート
  • キーフリーシステム
  • オートエアコン(プッシュ型)
  • オート格納式カラードドアミラー(キーフリー連動)
  • 左側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能付)
「X」、「X”SAⅡ”」の装備の特徴は、ここにあげられているすべての装備が「L」、「L”SAⅡ”」を上回るもしくはついていない装備であり、充実したものになっています。

「XホワイトアクセントSAⅡ」

タント

  • プッシュボタンスタート
  • キーフリーシステム
  • オートエアコン(プッシュ型)
  • オート格納式カラードドアミラー(キーフリー連動)
  • 左側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能付)
「XホワイトアクセントSAⅡ」の装備の特徴は、「X」、「X”SAⅡ”」のホワイトバージョンになっていて、屋根が白いツートンカラー、シート、センタークラスターなどがホワイトになっています。

「Xターボ」・「Xターボ”SAⅡ”」

タントターボ

  • プッシュボタンスタート
  • キーフリーシステム
  • オートエアコン(プッシュ型)
  • オート格納式カラードドアミラー(キーフリー連動)
  • 左側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能付)
  • メッキフロントグリル
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ
「Xターボ」、「Xターボ”SAⅡ”」の装備の特徴は、ターボだけあってスポーティーに、メッキフロントグリル、マルチリフレクターハロゲンヘッドランプがついています。

「G」・「G”SAⅡ”」

タントG

  • プッシュボタンスタート
  • キーフリーシステム
  • オートエアコン(プッシュ型)
  • オート格納式カラードドアミラー(キーフリー連動)
  • 右側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能付)
  • メッキフロントグリル
「G」、「G”SAⅡ”」の装備の特徴は、ターボ以外が最高級グレードであることが珍しいですが、パワースライドドアが左右両方についていることです。

カスタムグレード

タントカスタム

「X」・「X”SAⅡ”」

  • 14インチアルミホイール
  • 大型エアロバンパー(フロント/リア)
  • メッキフロントグリル
  • LEDヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)
  • ウレタン(メッキオーナメント・シルバー加飾付)ステアリングホイール
  • ウレタン(メッキシフトレバーボタン付)インパネセンターシフト
「X」、「X”SAⅡ”」の装備の特徴は、カスタム最廉価ということで、カスタムのエクステリアになっていますが、ステアリング、シフトノブがウレタンです。ただしホイールはアルミになっています。

「X”トップエディションSAⅡ”」

  • トップエディション専用14インチアルミホイール
  • トップエディション専用大型エアロバンパー(フロント/リア)&メッキフロントグリル(ダークメッキアクセント)
  • ダークメッキLEDヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)
  • ウレタン(メッキオーナメント・シルバー加飾付)ステアリングホイール
  • ウレタン(メッキシフトレバーボタン付)インパネセンターシフト
「X”トップエディションSAⅡ”」の装備の特徴は、トップエディショングレードということで、アルミホイールやバンパーに専用装備が見られます。ただし、ステアリング、シフトノブはウレタンになっています。

「RS」・「RS”SAⅡ”」

  • 15インチアルミホイール
  • 大型エアロバンパー(フロント/リア)
  • メッキフロントグリル
  • LEDヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)
  • 本革(メッキオーナメント・シルバー加飾付)ステアリングホイール
  • 本革(メッキシフトレバーボタン付)インパネセンターシフト
「RS」、「RS”SAⅡ”」はターボになりますが、装備の特徴は、15インチアルミホイール、ステアリング、シフトノブが本革になっています。

「RS”トップエディション”SAⅡ」

タントRSトップエディション

  • 15インチアルミホイール
  • トップエディション専用大型エアロバンパー(フロント/リア)&メッキフロントグリル(ダークメッキアクセント)
  • ダークメッキLEDヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)
  • 本革(メッキオーナメント・シルバー加飾付)ステアリングホイール
  • 本革(メッキシフトレバーボタン付)インパネセンターシフト
  • ターボエンジン
「RS”トップエディション”SAⅡ」の装備の特徴は、この車種最上級グレードということで、エアロバンパー、LEDヘッドライトなどが専用装備、ステアリング、シフトノブが本革です。

グレードによる価格

ノーマルグレード:1,220,400円~1,657,800円
カスタムグレード:1,528,200円~1,873,800円

安全装備について

タントの安全装備はグレード名にもありますが、先進安全装備の「スマートアシストⅡ」がついているグレードがあります。

スマートアシストⅡ

  • 衝突回避支援ブレーキ機能
  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)
  • 車線逸脱警報機能
  • 誤発進抑制制御機能(前方)
  • 誤発進抑制制御機能(後方)
  • 先行車発進お知らせ機能

ダイハツの安全装備を解説!スマートアシストⅡとは?

最後に

以上、ダイハツタントを見てきました。

この車種は珍しくターボモデルが最高級グレードではなく、パワースライドドアが左右についている「G」、「G”SAⅡ”」が一番上です。これはやはりタントがパワースライドドアをウリにしている証明ではないでしょうか。

またおそらく両側にパワースライドドアを装備すると車重も重くなり、ターボの「RS」の目的である走りが犠牲になるのではないでしょうか。

購買層が限られることが予想される中、売り上げを伸ばしているタントはやはり魅力的な車です。

  1. 車の下取りで損していませんか?

  2. kantansatei2
  3. 知ってる人はみんな使ってる!

    (無料)一括査定で愛車を最高値を調査!