キャスト

ダイハツキャストは、「ACTIVA、STYLE、SPORT」3つのバージョンが存在します。

ACTIVAは軽クロスオーバーSUV。
STYLE、SPORTは軽トールワゴン。

デビューは2015年です。個人的な感想ですが、ACTIVAはスズキのハスラーがウケたのであわてて出した印象。STYLEはNシリーズで売り込んでいるN-ONEを真似た、もしくはミラジーノの復刻を感じました。

またムーブがモデルチェンジで大きくなりすぎたのでそこ埋める目的かと邪推しました。ただ実際には車の大きさ、スタイリング、質感のよさはそのような邪推を吹き飛ばし、これこそダイハツが売るべき車種だと思っています。

未使用車専門店.comでは全国の未使用車専門店を紹介しています。

画像出典:https://www.daihatsu.co.jp/

キャストのグレード

前述のとおりACTIVA、STYLE、SPORTの3種類があるわけですが、さらにその中で細かくグレードがあります。

ACTIVA、 STYLEにはそれぞれ、「X」、「G」、「Gターボ」があり、「X」はただの「X」とスマートアシストⅡがついている「X”SAⅡ”」。
「G」、「Gターボ」は、スマートアシストⅡが付いていないモデルはなく、「G”SAⅡ”」「Gターボ”SAⅡ”」という形になっています。

SPORTは1車種、「SPORT”SAⅡ”」のみです。

まとめると以下のようになります。

ACTIVA:「X」、「X”SAⅡ”」、「G”SAⅡ”」、「Gターボ”SAⅡ”」
STYLE:「X」、「X”SAⅡ”」、「G”SAⅡ”」、「Gターボ”SAⅡ”」
SPORT:「SPORT”SAⅡ”」

ACTIVA

キャスト

「X」・「X”SAⅡ”」

  • 15インチフルホイールキャップ
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)
  • フォグランプレス(ブラック)
  • リアコンビネーションランプ(3Dエフェクト/クリアクリスタル/LEDストップランプ)
  • ウレタンステアリングホイール(メッキオーナメント付)
  • オーディオパネル(ブラック)&ウレタンインパネセンターシフト(メッキシフトレバーボタン付)
「X」、「X”SAⅡ”」の装備の特徴ですが、この車種はヘッドライトとテールランプの形状や色がグレードごとに違い、言葉で表すより実物や写真(webの画像等)を見た方がいいと思います。それを抜きにして見てみると、ホイールキャップ、ウレタンステアリングなど、定番の廉価グレード装備になっています。このグレードでホイールが15インチはこれからの流れでしょうか。

「G”SAⅡ”」

  • 15インチアルミホイール
  • Bi-Angle LEDヘッドランプ(オートレベリング機能。LEDクリアランスランプ付)
  • LEDフォグランプ&メッキバンパーガーニッシュ(フロント)
  • リアコンビネーションランプ(3Dエフェクト/クリアクリスタル/LEDストップランプ)
  • 本革チルトステアリングホイール(メッキオーナメント、シルバー加飾付)
  • オーディオパネル(ファインブラック)&ウレタンインパネセンターシフト(メッキシフトレバーボタン付)
「G”SAⅡ”」の装備の特徴は、アルミホイール、LEDヘッドランプ、本革ステアリングとNAの上級グレードとしての装備だと思います。

「Gターボ”SAⅡ”」

15インチアルミホイール
Bi-Angle LEDヘッドランプ(オートレベリング機能。LEDクリアランスランプ付、ダークメッキ)
LEDフォグランプ&メッキバンパーガーニッシュ(フロント)
リアコンビネーションランプ(3Dエフェクト/クリアクリスタル/LEDストップランプ、ダークメッキ)
本革チルトステアリングホイール(メッキオーナメント、シルバー加飾付)
オーディオパネル(ファインブラック)&本革インパネセンターシフト(メッキシフトレバーボタン付)

「Gターボ”SAⅡ”」の装備の特徴は、最高グレードとしてヘッドランプ、テールランプが微妙に違う、シフトノブが本革といったところでしょう。

STYLE

キャスト

「X」・「X”SAⅡ”」

  • 15インチフルホイールキャップ
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)
  • メッキフロントバンパーガーニッシュ
  • リアコンビネーションランプ(3Dエフェクト/LEDストップランプ)
  • ウレタンステアリングホイール(メッキオーナメント付)
  • オーディオパネル(ブラック)&ウレタンインパネセンターシフト(メッキシフトレバーボタン付)
「X」、「X”SAⅡ”」の装備の特徴ですが、ACTIVAとSTYLEはグレードごとの違いがほとんど同じです。ACTIVAとSTYLEの違いを見てみたいと思います。エクステリアのスタイリングの違いですが、メッキフロントバンパーガーニッシュとリアコンビネーションランプ(3Dエフェクト/LEDストップランプ)が違います。

「G”SAⅡ”」

  • 15インチアルミホイール
  • Bi-Angle LEDヘッドランプ(オートレベリング機能。LEDクリアランスランプ付)
  • LEDフォグランプ&メッキフロントバンパーガーニッシュ
  • リアコンビネーションランプ(3Dエフェクト/LEDストップランプ)
  • 本革チルトステアリングホイール(メッキオーナメント、シルバー加飾付)
  • オーディオパネル(ファインブラック)&ウレタンインパネセンターシフト(メッキシフトレバーボタン付)
「G”SAⅡ”」もLEDフォグランプ&メッキフロントバンパーガーニッシュとリアコンビネーションランプ(3Dエフェクト/LEDストップランプ)に違いがあります。

「Gターボ”SAⅡ”」

  • 15インチアルミホイール
  • Bi-Angle LEDヘッドランプ(オートレベリング機能。LEDクリアランスランプ付、ダークメッキ)
  • LEDフォグランプ&メッキフロントバンパーガーニッシュ
  • リアコンビネーションランプ(3Dエフェクト/LEDストップランプ、ダークメッキ/リアクリスタル)
  • 本革チルトステアリングホイール(メッキオーナメント、シルバー加飾付)
  • オーディオパネル(ファインブラック)&本革インパネセンターシフト(メッキシフトレバーボタン付)
「Gターボ”SAⅡ”」は、LEDフォグランプ&メッキフロントバンパーガーニッシュのみがACTIVAとは違います。

SPORT

キャスト

「SPORT”SAⅡ”」

  • パドルシフト付MOMO製革巻きステアリングホイール(レッドステッチ・メッキオーナメント、・シルバー加飾付)
  • 自動無段変速機:CVT
  • 16インチタイヤ&アルミホイール(2WD車のみ)
  • 15インチタイヤ&アルミホイール(4WD車のみ)
  • チルトステアリング
  • 運転席シートリフター
「SPORT”SAⅡ”」の装備の特徴ですが、上記はHPの主要装備から情報を持ってきましたが、CVT、チルトステアリング、運転席シートリフターなどはACTIVAやSTYLEと同じなので特有の装備ではありません。MOMOのステアリングやアルミホイールが大きな特徴と言えます。ただエクステリア、インテリアの細かな装飾などが違うので、実際に写真(webの画像)を見た方がわかりやすいと思います。

グレードによる価格

  • ACTIVA:1,220,400円~1,647,000円
  • STYLE:1,220,400円~1,641,600円
  • SPORT:1,620,000円~1,744,200円

安全装備について

キャストにはほとんどのグレードでスマートアシストⅡがついています。

スマートアシストⅡ

  • 衝突回避支援ブレーキ機能
  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)
  • 車線逸脱警報機能
  • 誤発進抑制制御機能(前方)
  • 誤発進抑制制御機能(後方)
  • 先行車発進お知らせ機能

ダイハツの安全装備を解説!スマートアシストⅡとは?

最後に

以上、キャストをみてきました。

装備について、最近の流れだと思いますが、最廉価グレードはNAでハロゲンヘッドランプ、ウレタンステアリング、ホイールキャップ。NAの上位グレードでLEDヘッドランプ、本革ステアリング、アルミホイール、ターボモデルがその+αということが多いように感じます。

そしてそこにスポーティな特別グレードを乗せるという感じです。

ただこのキャストの場合、そのスポーティグレードのSPORTはキャストの“丸”をモチーフにしたややクラシカルな雰囲気を壊してしまっていると思います。それでしたらSTYLEを選択して、自分でカスタマイズしていった方がこの車は面白いと思います。

  1. 車の下取りで損していませんか?

  2. kantansatei2
  3. 知ってる人はみんな使ってる!

    (無料)一括査定で愛車を最高値を調査!