x_2BS

スズキラパンはハッチバック型軽自動車です。アルトの派生車種として2002年にデビューしましたが、現在カタログやHPからアルトの文字は見受けられません。

かつての日産のフィガロのようなクラシックな雰囲気の初代からはじまり、同じく日産のCUBEとコンセプトが似ている2代目、そして現行の3代目は2代目のラパンショコラを発展させたようなイメージに仕上がっていると思います。

購買層のほとんどが女性とのことですが、変な意味ではなく、一部のクラシカルな軽を好むマニアな男性にも人気があります。

未使用車専門店.comでは全国の未使用車専門店を紹介しています。

画像出典:http://www.suzuki.co.jp/

ラパンのグレード

ラパンのグレードは4種類、

  • 「G」
  • 「L」
  • 「S」
  • 「X」

となっています。

ミッションは5AGSとCVTで、2WDと4WDを用意しています。

グレードによる装備の違い

G

ラパン
主な装備

  • 運転席・助手席SRSエアバッグ
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ[マニュアルレベリング機構付]
  • マニュアルエアコン[抗菌処理タイプ/エアフィルター付]
  • ステアリングホイール(ウレタン)[一部シルバー塗装]
  • カラードドアハンドル
  • IRカット機能付フロントガラス
  • 14インチフルホイールキャップ
「G」の装備の特徴は、ハロゲンヘッドランプ、マニュアルエアコン、ウレタンステアリング、ホイールキャップと装備のコストを抑えて車両価格を低く設定していることです。

L

主な装備

  • 運転席・助手席SRSエアバッグ
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ[マニュアルレベリング機構付]
  • マニュアルエアコン[抗菌処理タイプ/エアフィルター付]
  • エコクール
  • ステアリングホイール(ウレタン)[一部シルバー塗装]
  • IRカット機能付フロントガラス
  • プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
  • カラードドアハンドル
  • 14インチフルホイールキャップ
「L」の装備の特徴は、「L」からエネチャージとアイドリングストップが搭載され、それにともにないエコクールが装備されています。また女性が気にかかるプレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)が付いていて、その他カラードドアハンドルがついていることです。

S

s_2BT
主な装備

  • 運転席・助手席SRSエアバッグ
  • ディスチャージヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付]
  • オートライトシステム
  • マニュアルエアコン[抗菌処理タイプ/エアフィルター付]
  • エコクール
  • ステアリングホイール(本革巻)[一部シルバー塗装]
  • カラードドアハンドル
  • IRカット機能付フロントガラス
  • プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
  • 14インチアルミホイール
「S」の装備の特徴は、ディスチャージヘッドランプ、オートライトシステム、ステアリングが本革巻き、アルミホイールと大分充実しています。

X

x_2BT
主な装備

  • 運転席・助手席SRSエアバッグ
  • ディスチャージヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付]
  • オートライトシステム
  • 「ナノイー」搭載フルオートエアコン[抗菌処理タイプ/エアフィルター付]
  • エコクール
  • ステアリングホイール(本革巻)[一部シルバー塗装]
  • メッキドアハンドル
  • LEDサイドターンランプ付ドアミラー
  • IRカット機能付フロントガラス
  • プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
  • 14インチアルミホイール
「X」の装備の特徴は、最上グレードであるので、ナノイー付きのオートエアコン、細かいところで、メッキドアハンドル、LEDサイドターンランプ付ドアミラー付きとなります。

グレードによる価格

一番安いグレードが「G」2WDで、1,077,840円。
一番高いグレードは「X」4WDで1,492,560円です。

安全装備について

suzukia6

この車種は全グレード共通で先進安全装備がついています。

  • レーダーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • エマージェンシーストップシグナル
  • ESP(R)[車両走行安定補助システム]

まとめ
以上、スズキラパンのグレード比較をしてみましたが、複雑な車種、グレード設定が多いスズキの中で、非常に単純でわかりやすいグレード展開でした。

消費者としてはこのようにわかりやすい方が購買意欲も上がると思いますし、この車種の様にグレードをあげていくことによって、微妙に装備が充実していく形になっていると、必然的に高価格帯のグレードへ誘導されるので、販売側としても売りやすいのではないでしょうか。

かわいさを求め、普段使いの女性から、たまにはちょっと遠出もするという人まで、おもしろい車種だと思います。

  1. 車の下取りで損していませんか?

  2. kantansatei2
  3. 知ってる人はみんな使ってる!

    (無料)一括査定で愛車を最高値を調査!