subarua
出典:http://www.subaru.jp/eyesight/

スバルと言えば「アイサイト」でしょう。かつてはWRCでマニュファクチュアラーズチャンピオン、ドライバーズチャンピオンと走りのイメージが強かったですが、最近はすっかり「アイサイト」なのではないでしょうか。

アイサイトは車内前方に装備されたステレオカメラで前方を三次元で認識し、自動ブレーキ、クルーズコントロール等を制御する市販車に実用化された世界ではじめてのシステムです。今回はそのアイサイトを中心にスバルの安全装備について見ていきたいと思います。

未使用車専門店.comでは全国の未使用車専門店を紹介しています。

アイサイトver.3

さてスバルの先進安全技術アイサイトも3代目のver.3になっています。どんなシステムか見ていきましょう。

「ぶつからない技術」プリクラッシュブレーキ

前方の先行車や障害物に衝突の危険があるときに、ドライバーにそれを知らせ、回避した場合には「プリクラッシュブレーキアシスト」によりブレーキをサポート、回避しない場合は自動でブレーキ制御、自動的に減速、停止します。また停止後はその状態を保持します。

「ついていく技術」全車速追従機能付クルーズコントロール

設定範囲は0km/h~100km/h。高速道路、自動車専用道で、先行車に自動で追従します。渋滞時にも追従し、先行車が停車すると減速、停止、停止保持を行います。

「はみださない技術」アクティブレーンキープ

高速道路、自動車専用道でステレオカメラにより、車線を認識、ステアリング操作をアシストすることにより、車線の中央の走行を保持し、車線を逸脱しそうになると警告とともにステアリング操作をサポートします。

「飛び出さない技術」AT誤発進抑制制御/AT誤後進抑制制御

ステレオカメラが前方、後方の障害物を検知します。発進または後進時に必要以上にアクセルが踏まれると誤発進と判断し、表示と警告音でしらせてくれ、さらにエンジン出力をコントロールして急発進を抑制します。後進についてはアイサイトver.3からのシステムです。

「注意してくれる技術」警報&お知らせ機能

高速道路を走行中にふらつきを検知すると知らせてくれる機能です。Ver.2で50km/h以上ver.3で65km/h以上で検知します。また40km/h以上での車線逸脱も警告音と表示で知らせてくれます。先行車が発進しても反応がないと音と表示で知らせてくれます。

その他スバルでは「0次安全」、「アクティブセイフティ」、「パッシブセーフティ」を掲げていて、それぞれ以下になります。

「0次安全」

  • テレスコピックステアリング
  • バイファンクションプロジェクター
  • ステアリング連動ヘッドランプ

「アクティブセイフティ」

  • シンメトリカルAWD
  • VDC
  • アクティブ・トルク・ベクタリング
  • ブレーキアシスト
  • ブレーキオーバーライド

「パッシブセーフティ」

  • 衝突安全ボディ「新環状力骨構造ボディ」

その他以下の安全装備があります。

「アドバンスドセイフティパッケージ」

  • ハイビームアシスト
  • アダプティブドライビングビーム
  • サイドビューモニター
  • アイサイトアシストモニター
  • スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)

以上、スバルの安全技術について「アイサイト」を中心に見てきました。市販車に実用化された世界ではじめてのシステムということでリスクも非常に大きかったものと推察されますが、ver.3とグレードアップしてきていて、信頼性も、他の機能の充実も図られています。

またどちらかというと技術力などのアピールがヘタであるイメージが強いスバルですが、HPのこのアイサイトのページはとてもわかりやすくできていました。是非みなさんも一度見てみてください。

  1. 車の下取りで損していませんか?

  2. kantansatei2
  3. 知ってる人はみんな使ってる!

    (無料)一括査定で愛車を最高値を調査!