5d9f2e3fee9dbbe85327a8e15c6667b5_m

ターボと聞くと、1980年代からしばらくはスポーツカー、高級車といえばターボという時代があったことを思い出します。最近になってまたダウンサイジングターボなどと言う言葉も聞かれるようになり、脚光を浴びてきています。

1980年代当時から燃費が悪いとされてきたターボ。燃費競争が激化している今、なぜターボなのか?そもそもターボとはなんなのか?またかつて高級なイメージのあったターボは軽自動車に必要なのか?そのあたりに焦点をあてて考えていきたいと思います。

未使用車専門店.comでは全国の未使用車専門店を紹介しています。
未使用車の探し方はこちら

OL

4項目の入力で愛車の価格がすぐに表示されます!


(無料)一括査定で愛車の最高値を調査して下さい。

ターボってなに?

そもそもターボとはなんなのか?

ターボとはエンジンとは別にある過給機と呼ばれるパーツでエンジンを補完してより効率よく車走らせるものです。エンジンはガソリンと空気の混合気が爆発することによって動作するわけですが、その空気をターボを利用して強制的に送り込むのです。

具体的には、排気を利用しタービンを回し、そこに接続されたコンプレッサーが回ることにより空気を強制的にエンジンに送り込む装置です。正しくはターボチャージャーといいます。

流行りのダウンサイジングターボとは

1980年代以降一世を風靡したターボは、より車を早く走らせるためのものでした。つまりBESTは大排気量にツインターボといったものでした。当時ターボは燃費が悪く、環境意識の高まりによる燃費向上が至上命題となったメーカーはターボを作らなくなっていったのです。

しかし今、逆にエンジンを小さくして(ダウンサイジング)、燃費をよくし、さらに出力が落ちないようにターボで補完するというシステムが流行っているのです(とはいえ今度はまたライトサイジングという言葉も出始めてはいますが)。

軽自動車にターボは必要か?

ズバリ必要だと思います。ダウンサイジング流行の流れをみると、まさに軽にこそターボが必要なのだと思います。

三菱の燃費不正のもともとの発端であった燃費過当競争。三菱に限らず他のメーカーの燃費重視の車種、グレードは乗ってみるとその走りはひどいものです。

特別革新的な技術開発があったわけでもなく燃費がよくなる理由は、エンジンの設定にあると私は思っています。今の高燃費車はガソリンがなるべく出ないように設定してあるのです。ということは走らないということです。

例えば高速道路の合流などでちゃんと加速してくれなかったら危険です。

また住んでいるところが山間部であれば、どんなに燃費がいいといっても結局上り坂で必要以上にアクセルを踏むわけで、本当に燃費がいいのかという問題もあります。メーカーの数値は非常に限られた環境のものですが、実際の使用状況では、実はターボの方が燃費がいいということもあるはずです。

ターボの方が燃費が良い!

実は、私は山間部に住んでいて、かつて燃費がいいと言われているNA(ターボでない)の軽に乗っていたこともありますし、現在は軽のターボに乗っています。実はあきらかにターボの方が燃費がよく、しかも走りにも余裕があります。

へたなコンパクトカーより燃費も走りも(内装も)いいのではないでしょうか。

軽自動車にターボは必要か?もちろん必要だと思いますし、おススメです。ただし、あまり調子に乗ってアクセルを踏みすぎるともちろん燃費も悪くなることを付け加えさせていただきます。

  1. あなたはディーラーで車の下取りをしていませんか?

  2. kantansatei2