主治医が見つかる診療所で「何歳になってもできるダイエット法」として紹介された「自彊術」とは??
ダイエット以外にはどんな効果があるのでしょうか?

番組を見ていない人、必見です!!

Sponsored Link

自彊術とは?

大正時代に天才?手技療法士の中井房五郎という方が考案した、治療法がどだいになっている体操です。当時、中井房五郎氏は数百に及ぶ手技療法で難病を治した伝説的な人らしいですよ。
聞いたことありませんが・・・

ちなみに手技療法とは、

手技療法(しゅぎりょうほう)は、古代より行われてきた手で行う療法。薬やサプリメント、器械や道具、鍼、灸などを一切使わずに素手だけで行う。療術とも言われる。「触る・なでる・揉む・叩く・擦る・押す・身体の他動的操作および自動運動とその誘導」など皮膚上からの物理的刺激・心理的暗示により、筋肉・関節など皮下に存在する各組織に影響を及ぼす治療法をさす。

引用元:Wikipedia

自彊術はなぜ何歳になってもできるダイエットなのか?

番組に出演していた吉松医師によると、
・首や肩から、足首までの全身運動である事。
・全身の関節や筋肉をゆっくり伸ばすので、無理がかからない。
・簡単にかつ安全にできるため、高齢者のダイエットに最適。
[youtube id=”48Vcc9bSafM” align=”center”]
ご覧の通り激しい運動では無く、動作は全然違いますがラジオ体操のような感覚ですしょうか?
これなら運動の苦手な方や、高齢者でも無理なく続けられそうそうですね。

吉松流自彊術

(1)肩甲骨まわりの運動
両手を頭の後ろで組み、腕を4秒かけて閉じ、4秒かけて開く。

(2)背中からお尻の運動
うつぶせになって両手を伸ばし、体を4秒かけて起こし、4秒かけて降ろす。
高齢者は、アゴを5㎝上げるだけでも良い。

(3)下半身の運動
足を肩幅に開き、4秒かけて腰を下ろし、4秒かけて上げる。
背中を壁につけて行うと良い。

こちらの体操は吉松先生オリジナルのもので、自彊術教室に行っても教えてもらえない可能性があるようですね。
実際に教室に通っている方が記事にされていました。

この方の記事によると、体が締まってきたり内蔵の調子は良くなるけど、逆に体重が増えてしまう方もいるのだとか・・・
激しい運動では無いので、そうなる気もしますね。

ただただ体重を減らしたいだけの人には向いてないかもしれません。

個人的には、見た目が良くなり健康になるのなら体重が増えても良い気がします。
私なんかは贅沢な悩みかもしれませんが、体重を増やしたいので以外とやってみる価値があるのかも!

ダイエット以外にもかなりの効果があるようですし。

Sponsored Link

自彊術・ダイエット以外の効果

  • 全身的な症状
    高血圧、動脈硬化症、糖尿病、慢性関節リューマチ、自律神経失調症、更年期障害症、肥りすぎ、アレルギー体質、皮膚科の難病。
  • 頭や顔の症状
    頭痛、不眠、ノイローゼ、白内障、慢性鼻炎、中耳炎、口内炎、歯槽膿漏。
    首、肩、手の症状
    頸肩腕症候群、むち打ち後遺症、肩こり、手の麻痺、四十肩、五十腕、腱鞘炎、筋肉痛。
  • 背中や胸の症状
    変形性背椎症、背柱彎曲症、喘息、心臓動悸、肺気腫。
    腹の症状
    慢性胃腸炎、胃潰瘍、便秘、痔、慢性肝炎、慢性腎炎、婦人科疾患。
  • 腰、足の症状
    腰痛、椎間板ヘルニヤ、坐骨神経痛、変形性ひざ関節症、足麻痺。
  • その他
    美容体操。運動不足。スポーツの前後運動。疲労回復運動。競技前のプレッシャーの払拭。

参考:自彊術普及会より

温泉に貼ってある「効能・効果」なみにたくさんの効果がありますね。
興味があるかたは、Youtubeにも体操の動画がアップされていますし、DVDや本なんかも発売されています。

教室も全国的にあるようです!!
さすがに私は教室には通いませんが、とりあえず2、3個動きを覚えてスキマ時間にちょっとやって見ようかな。