もう既に大手ショッピングサイトなどではバレンタイン特集などが開始されている時期です。

バレンタイン限定チョコやバレンタイン仕様ケースなど、魅惑的なチョコレート並んでおり、購入する気はないのに特集記事を眺めているだけでついつい買ってしまう私がいます。

プレゼント用と自分用に、そして自分用にとチョコレートが大好きな私にとってはうれしくも出費が厳しいイベントです。そして、一番気になるのが

  • 「チョコレートを食べると太る?」
  • 「ニキビ・肌荒れに繋がる?」

といった、チョコレートの悪影響です。

Sponsored Link

チョコレートの健康・美容への影響

チョコレートは糖分が多いので血糖値の上昇や太る原因・肌荒れの原因・ダイエットの敵というイメージがありますが、カカオ含有量と食べ方さえ気をつければチョコレートは美容と健康に効果的な食べ物になります。

さらに言うとチョコレートは万能薬とも言えます!

カカオに含まれるポリフェノールについて

ea14ebca83a55846d60c593b703bd217_s

チョコレートの原材料・カカオには、

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ビタミンE
  • ミネラル
  • 食物繊維

など様々な栄養素が含まれています。

そして、美容・健康を保つために有効な抗酸化物質・ポリフェノールが豊富に含まれています。

このポリフェノールは赤ワインに多く含まれていると言われていますが、赤ワインに含まれるポリフェノールは100g中に0.3g、一方チョコレートに含まれるポリフェノールは100g中に0.8gと実際はチョコレートの含有率の方が高くなっているのです。

ポリフェノールの効果

ポリフェノールには抗酸化作用の高い成分が豊富に含まれ悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、高血圧の方には血管を広げて血圧を降下してくれ動脈硬化の予防にもつながり、血糖値を下げる効果もあります。

この強い抗酸化力のお陰でアレルギーによる現代病や細胞の老化防止効果があり、しみ・しわなどのエイジング効果にも期待できるとされています。

現代病とされているストレスも抑える作用があるので、肌の大敵である心のストレスを緩和してくれ、同時に睡眠不足・ストレスからくるニキビや肌荒れも抑えることができます。

その他にも、チョコレートの甘い匂いは集中力と注意力・記憶力を高める効果があることが明らかになっています。

良く言われるのが「甘いものを食べると虫歯になる」と言いますがチョコレートには抗菌作用があり虫歯予防にも効果があります。

チョコレートのカカオ含有量と摂取方法

効果的に取り入れる為には、カカオ含有量70%以上の高カカオチョコレートを選ぶことがポイントです!

最近ではパッケージに見やすくカカオ含有量が記載されている商品も多く、高カカオチョコを全面にアピールしている商品も少なくありません。

ですが、カカオ含有量高いものは苦味が強くなり人によっては抵抗を感じる人もいるでしょう。無理して高カカオチョコ食べてもストレスを溜め込むだけなので、まろやかな苦味を楽しめうっすら甘みがあるチョコを選ぶことをオススメします。

その他、レーズンなどが入ったダークチョコも食べやすかったりするので、自分に合ったチョコ探しを楽しむのも良いのではないでしょうか。

ちなみに、表記順は含有率が多い順で表記されているので、砂糖が最初に表記されているチョコレートは控えておく方が良いでしょう。

Sponsored Link

毎日どのくらいチョコレートを食べるのが良いのか?食べるタイミングは?

1日に摂取する量は板チョコの半分程(25g前後を目安に)、それを朝・昼・晩と3回に分けて食べるのが良いとされています。

食べるタイミングは食事前の空腹時に少量をゆっくり食べます。このように日常の食習慣の中に取り入れることで健康レベルの向上をはかりましょう。

毎日、5粒程度のチョコレートを仕事の休憩時に食べたりするのは疲労回復にも繋がるのでオススメします。適切な量を食べることが大事なのでチョコレートの食べすぎには十分気をつけて新しい習慣として定着させましょう!

高カカオチョコレートのデメリット

高カカオチョコレートはカカオの含量が多いことから、脂質が多く高カロリーなので注意が必要です。

当たり前ですがチョコレートには砂糖が含まれています、食べ過ぎた分だけ糖分を過剰摂取することになるので血糖値が上昇し、血圧抑制効果が意味を成さず血液がドロドロになり、逆に血行が悪くなってしまいます。

さらに、食べすぎると体が疲労を感じやすくなるコルチゾールというホルモンが異常分泌し、集中力の低下や頭痛の原因にもなります。

また、高カカオチョコレートにはカフェインやテオブロミンが含まれ、気管支拡張作用・利尿作用・興奮作用があります。これは普通のチョコと比べ2~4倍程含まれていると言われています。

特に、ぜんそく持ちの方は気管支拡張薬とは相性が悪いので十分注意して下さい。

最後に

適切な量を自分に合ったペースで継続的に食べることが一番大切だと思います。チョコレート好きな方も多いかと思いますが、過剰摂取には注意して下さい!

正しい食べ方をすればダイエット効果やストレス解消効果・美容効果、健康面でも効果があるので、無理なく楽しみながら生活の習慣として取り入れていきましょう。

チョコレートを1日25gまで!5粒程度に!