吉田兼好の徒然草に登場する“仁和寺にある法師・・・”で知られ、世界遺産にも登録されている「仁和寺」。

今回は、遅咲きの桜として有名な“御室桜”をはじめとする「仁和寺」のお花見情報をご紹介します。

関連:一度は足を運びたい!京都のおすすめ花見スポットランキング!

Sponsored Link

仁和寺のお花見情報!

真言宗御室派総本山「仁和寺」。

888年に創建され、古都京都の文化財として世界遺産にも登録されている寺院です。開基は宇多天皇。以来、明治維新まで代々皇子皇孫が門跡となり、門跡寺院の筆頭となっていました。

広大な境内には国宝の金堂、重要文化財の朱塗りの中門、五重塔、御影堂、観音堂といった歴史的な建造物や宸殿・白書院・霊明殿など7棟と北庭・南庭・茶室からなる「仁和寺御殿」といわれる優雅な御所風建築物を見ることができます。

そんな世界遺産の境内に咲く桜は約500本。

金堂前のソメイヨシノ、鐘楼前のシダレザクラ、そして、中でも有名なのは、中門内の西側一帯に咲く「御室桜(オムロザクラ)」の林です。

「仁和寺」を代表する“御室桜”

「仁和寺」の“御室桜”は約200本で、国の名勝にも指定されています。

“御室桜”は、4月上旬 ~ 4月中旬が見頃となる遅咲きの桜で、ソメイヨシノが散り始める頃に咲き始めます。

樹高は約2m~3mほどと低いため、目の前で桜の花を楽しむことができます。なぜ、このように背丈が低いのか理由が解明されていない神秘的な桜でもあります。

また、花びらが厚く花(鼻)が低いことから「♪わたしゃお多福 御室の桜 鼻が低ても 人が好く」と歌われ、親しみを込めて“お多福桜”とも呼ばれています。

見所は、寛永21年(1644年)建立の五重塔をバックにした“御室桜”。江戸時代から変わらない京都の春の風景であり、人気の撮影スポットでもあります。

通常は境内の拝観は無料ですが、春の御室桜の時季には特別入山料500円が必要となります。

拝観時間は8:30~17:00(受付終了)。

御室桜が咲く頃は例年約10万人もの人が訪れ大変混雑するので、公共交通機関の利用がオススメです。

アクセス
JR京都駅からJRバス高雄・京北線「御室仁和寺」下車すぐ(約30分)もしくは市バス26番にて「御室仁和寺」下車すぐ(約40分)。

Sponsored Link

「仁和寺」周辺のオススメグルメスポット

「仁和寺」の優雅な建築物と桜を堪能した後に一息つけるグルメスポットをご紹介します。

まずは、仁和寺境内の御室会館にある「和食処 梵」。

四季折々の料理が楽しめる仁和寺直営の食事処です。人気メニューは、京都特産の湯葉を贅沢に仕立てた「ゆば丼」。

仁和寺の門前にある「佐近」は、“京のモダンフレンチ”レストラン。

伝統の京料理とフランス料理の融合と調和を堪能できる京都唯一のお店です。仁和寺の山門と景色を眺めながら、ランチは和洋折衷のコース、ディナーはコースとは別の季節の一品料理を楽しめます。

仁和寺から歩いて5分ほどの所にある「Cafeアルボ」は店名からは想像できませんが、手打ち蕎麦を味わえる隠れ家的なカフェ。

オーダーごとに目の前で手打ちしてくれる出石式の十割そばが自慢。こだわりの無添加の秘伝のお出汁とやわらかい鴨との相性抜群の「鴨蕎麦」が人気です。

店内でも犬の同伴OKな貴重なグルメスポットです。

コーヒーでひと休みしようという人には仁和寺山門前にある茶店「いっぷく茶屋 」がぴったり。一杯ずつ挽きたてを出してくれるオリジナルブレンドのコーヒーや団子などの甘味メニューもあります。

いかがでしたか?

世界遺産の「仁和寺」で珍しい“御室桜”を愛でるのなんて、ここでしかできないお花見ですよね。

ちなみに、仁和寺のお守りは、四葉のクローバーが実際に縫い付けてあるデザインで、「僕の初恋を君に捧ぐ」という少女マンガに登場したことから一躍大人気となり、売り切れることもしばしばなんだそうですよ♪