日本の春の風物詩“お花見”

今回は、東京都の花見の名所!
人気花見スポットランキング上位のひとつ、世田谷区、目黒区、品川区を流れる「目黒川」のお花見情報をご紹介します。

関連:東京都内で人気!花見スポットランキングベスト10!!

  • 人気のお花見スポット・コース
  • アクセス
  • お花見クルーズ
  • レストラン・居酒屋・屋台
  • 混雑状況

について

Sponsored Link

「目黒川」花見スポット情報!

世田谷区~目黒区~品川区を通り東京湾まで続く約8kmの「目黒川」。

川沿いの池尻大橋から東急目黒線下の亀の甲橋(品川区)までの約4Kmに、およそ800本の“ソメイヨシノ”が植えられています。

見ごろは、例年、3月下旬~4月上旬。

日没から21時頃までライトアップも行われます。

「目黒川」の花見の特徴は、上流と下流とで川幅が異なるため、どこで見るかによって景観が変わること!

人気のお花見散策コース(上流から?下流から?)

川幅が狭いのは、東急中目黒駅より上流。

両岸の桜が互いにはり出し、アーチ状に目黒川をおおいます。まるで、“桜のトンネル”

人気のコースは、東急代官山駅から旧山手通りを散策し、西郷山公園から菅刈公園を通り、目黒川に到着。そして、上流から下流へと巡るコースです。

一方、川幅の広い下流は、ゆったり流れる水面に桜が写し出される様子が楽しめます。目黒駅を下車し行人坂を下り、太鼓橋から上流へ向かうコースが人気。

川沿いの道は遊歩道になっていて、車も通らないため、ゆっくりと桜を楽しめます。

東急不動前駅周辺には目黒不動などの名刹も数多いので、桜と一緒に散策を楽しむのにぴったり。

アクセス

目安ですが、最寄り駅から目黒川までは、

「JR目黒駅から徒歩5分」
「東急目黒線不動前駅から徒歩5分」
「東急東横線中目黒駅から徒歩2分」
「東急田園都市線池尻大橋駅から徒歩2分」

となっています。

目黒川お花見クルーズ


もうひとつ人気のお花見コース。
それは、「目黒川お花見クルーズ」
船に乗って、川から桜を見上げて楽しむ、ひと味ちがった桜の楽しみ方です。

「天王洲ヤマツピア」桟橋から出港し、目黒川水門「くじらの水門」を超え、目黒川の桜をクルーズで楽しみます。

乗合クルーズなので、1人でも利用可能

    料金
  • 大人 3,500円
  • 4~12歳2,500円

    早期予約割引を利用
  • 大人 2,700円
  • 4~12歳1,700円

来年の春のお花見クルーズについての詳細は、2016年1月中旬に「株式会社ジール」の公式HPで発表されます。

目黒川周辺のレストラン・居酒屋情報!

オシャレな店が立ち並ぶ目黒川沿い。
桜を見ながら食事を楽しめる、予約必須の人気グルメスポットも数多くあります。

例えば、「はし田屋 中目黒店」
中目黒駅から徒歩4分、本格的な鶏料理や博多風水炊きが人気。

二階席からは、目黒川を見下ろし桜を眺めることができます。
予約はかなりお早めに!

中目黒駅から徒歩3分の人気大衆居酒屋「大樽」
坂本龍馬の写真が目印です。こちらも、2階席の予約はかなりお早めに!

Sponsored Link

川沿いには、オシャレなグルメ屋台も出店!

川沿いに並ぶお店が出店をだしたり、屋台が出たりと、食べ歩きが楽しめるのも目黒川のお花見の魅力。

グルメラインナップは、さすが、おしゃれな目黒川エリアといったところ。

道行く人がよく飲んでいるのは、ロゼワインやシャンパン。
食べ物は、ドライカレー、スコーン、目の前で焼き上げてくれるマルゲリータ、韓国料理のチゲやチジミなどバラエティ豊かです。

気になる例年の混雑状況は?

日ごろから、デートやショッピングに若者から圧倒的な支持を集める目黒川沿いだけに、お花見シーズンは人!人!人!そんな状況です。

残念ながら、のんびり、桜を見たい人向きのスポットではありません。もし桜をゆっくりと見たいなら、朝の散歩に行くのがオススメです。

いかかでしたか?

知っておきたいお花見情報【目黒川編】。

ぜひ、今回の情報を参考に目黒川のお花見を満喫してくださいね♪