バレンタインの手作りチョコレートの定番といえば、ずばり生チョコレートではないでしょうか。

材料もシンプルで手順も簡単なので、お菓子作り初心者にも挑戦しやすい上に、なにより男性にも好評というのが大きなポイントです。

しかし、生チョコ作りは意外に繊細で、少しの手順違いで失敗…特に、生チョコが固まらない!という事態に陥ってしまうということも。

そこで今回は、

・生チョコが固まらない!原因は?
・生チョコが固まらない場合の対処
・固まらなかった生チョコを別のお菓子にリメイクできる?

というポイントについてまとめてみました。

Sponsored Link

生チョコが固まらない原因について…チョコの種類に注意!

生チョコを上手に固めるために注意すべきは、チョコレートの中のカカオ分の割合です。

カカオ分の割合が低いと生チョコレートは固まりにくいので、できるだけカカオ分割合の高いチョコレートを選びましょう。

例えば単純に考えて、ミルクチョコレートはビターチョコレートよりも砂糖などの割合が多いぶん、カカオ分が少なくなっているのでビターチョコレートを使ったほうが生チョコレートは固まりやすいといえます。

といっても絶対にビターチョコレートでなければならないという訳ではありません。固まらないという失敗を防ぐためには、「チョコレートの種類によって、他の材料との割合が変わってくる」ということを踏まえて作ることが大事なのです。

また、初心者や自信のない方は市販のチョコレートを使うよりも製菓用のチョコレートを使うことをおすすめします。

生チョコが固まらない原因…水分に注意!

生チョコをうまく固めるために気をつけるべきポイントその二は「水分」です。

水分が少しでも混ざると生チョコは固まりません。チョコレートを細かく刻んだ努力を水の泡にしないためにも、ほんの少しの水分も入らないように最大の注意を払いましょう。

水分が入らないようにするためには、チョコレートを溶かす「ゆせん」の段階で最も気をつけなければなりません。

ゆせんは、お湯(50~55℃)をはった鍋やボウルの上に細かく刻んだチョコレートを入れたボウルをのせてゴムべらなどでゆっくり溶かしていきますが、チョコレートに少しでもお湯が入ってしまうともう、とりかえしがつきません。

また、お湯からでる蒸気すらもチョコレートがうまく固まらない原因になるので、チョコレートを溶かすボウルには、お湯をはったボウルよりも直径の大きいものを使うようにしましょう。

Sponsored Link

固まらなかった生チョコのリメイク方法

気をつけていたけど、どうしても固まらなかった…そんなこともありますよね。

生チョコ作りには失敗したといえども、せっかく溶かしたチョコレートはぜひとも他のレシピにリメイクしたいところです。そこで、固まらなかった生チョコの美味しい&簡単なリメイク例を紹介しますね。

例えば、フルーツやクラッカーなどを用意すれば、家族や友人たちとおしゃれにチョコフォンデュパーティーができて楽しめます。

また、温めた牛乳に混ぜれば手作りホットチョコレートの完成。

豆乳にまぜて、チョコレート・ソイラテにするのも、とっても美味しいのでおすすめです。

他にも、チョコレートブラウニーやクッキーへの簡単リメイク方法もたくさんありますので、生チョコが失敗したと気落ちせずに素敵なお菓子に変身させちゃいましょう。

最後に

いかがでしょうか。

以下の点を意識して生チョコ作りに挑戦してみて下さい。

・カカオ分の割合!
・水分に最大の注意!
・失敗してもOK!リメイクレシピが豊富!

簡単なイメージのある生チョコですが、意外に繊細な工程と気配りが必要。

でも、それらをうまくこなして出来上がった手作りの生チョコはきっとどんな市販品よりも美味しいはずです。

あなたの生チョコ作りが成功するように、応援しています!