1年の始まりの日、「元旦」
1年に1度の、すごく特別な日を迎える感覚ですよね!

初日の出を拝んだり、おせち料理を食べたり、初詣に行く方も多いことでしょう。

新年の挨拶】みなさんはどのようにしていますか?

お正月にしか会えない人と会う・・・
いつも会っている友人と会う・・・
職場の上司や同僚に会うなど様々だと思いますが、決まって口にする言葉は「あけましておめでとうございます。」
・・・ですよね?

Sponsored Link

「あけましておめでとうございます」っていつまでか知っていますか?

なかなかはっきりしないですよね・・・
せっかく挨拶をしたのに、タイミングを間違えると相手に対してとても失礼になります。

特に、職場や仕事の取引先、社内・社外に向けたビジネスメールなどは、気をつけたいものです。

そこで、知っているようで知らない、新年の挨拶についてお話をしてみますね!!

「あけましておめでとうございます」とは?

昔の人たちにとって、新年を迎えることはとても大変だったようです。

1年間のいろいろな儀式を無事に行い、やっと元旦の朝が来たということを「あけましておめでとうございます。」と表現していたそうですよ。

現代では、新しく始まる1年に対しての言葉のように使われていますが、昔は昨年に対しての言葉だったということです。

そして、ここでの重要ポイントとなるのが「暦」です。

これは、昔から使われてきた年月日を決める方法の1つで、暦によると1月1日を大正月、1月15日を小正月といい、門松などの正月飾りはこの期間に飾るとされていたようです。

なので、基本的には「あけましておめでとうございます」は1月15日までとなります。

職場での新年の挨拶

年が明けてからの初出勤の日に、できるだけ早く年始の挨拶をしましょう。

また、職場によっては働く人の人数など様々だと思います。大きい規模の職場では日頃お世話になっている人、関わることが多い人などから挨拶をしてみましょう。

もし、何らかの事情で挨拶出来なかった時は、最後に「ご挨拶がおくれて申し訳ございません。」などと付け加えれば、問題ないかと思いますよ。

ここで、どんな感じで挨拶したらいいかご紹介します。

簡単な挨拶
「あけましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりありがとうございました。今年もがんばりますのでよろしくお願いします。」
丁寧な挨拶
「あけましておめでとうございます。昨年は、〇〇のプロジェクトで大変お世話になりありがとうございました。たくさんの方のアドバイスのおかげで、無事成功することが出来ました。感謝申し上げます。今年も、より努力してまいりますのでよろしくお願いいたします。」

ビジネスメールでの挨拶

メール

取引先などに新年の挨拶をするときは、メールが役立ちますね。

ビジネスメールも、新年のなるべく早い段階で送るようにしましょう。ここでの注意点は、絶対に一斉送信はしないこと!!

たとえ、他社のアドレスが添付されていなかったとしても、全体の文面から一斉送信だと気がつく人も多いはず!

1年に1度の事なので、心をこめて丁寧に挨拶しましょう。その後の仕事にも大きく関わってきます。

テンプレ新年のあいさつ【例文】

〇〇会社 〇〇部  〇〇様

あけましておめでとうございます。昨年は、特別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。
本年も昨年同様に精進してまいりますので、ご愛顧いただきますよう本年もよろしくお願い申し上げます。
貴社のご発展を心よりお祈りいたします。

平成〇〇年  元旦

新年の挨拶で、あなたの印象も決まるかもしれません。

良い1年になりますように!