今年もやってきます!
忘年会シーズン!

お酒が好きな人にはとっては楽しみなことでしょうが、私を含めたお酒の弱い人にとっては少し憂鬱な時期でもあります。

そんなお酒の弱い人が1度は言われたことがあるであろう「俺も昔は飲めなかった!お前も飲み続けたら強くなる!」はホントなのでしょうか?

Sponsored Link

お酒は飲めば飲むほど強くなるのか?

まず、生ビールの中ジョッキ飲むのがやっとな私の見解は、飲んでも強くならない!!です。

社会人となり数えきれない程の飲みの席に参加し、数えきれないほどマーライオン状態に陥ってきましたが、全く強くなっていません。

むしろ体力の低下によるものなのか、少し弱くなったと感じるぐらです。

入社して数年間は飲めないことが恥ずかしく、また「飲み続けたら強くなる」という先輩方の言葉を信じ、ムリして飲み続けてきましたが、現在はもうあきらめています。

やはりお酒の強さは遺伝なのか?

ALDH(アルデヒド脱水素酵素)にはアセトアルデヒドが低濃度の時に働く「ALDH2」と、高濃度にならないと働かない「ALDH1」があります。日本人の約半数は、生まれつき「ALDH2」の活性が弱いか欠けています。

このタイプはアルコール分解産物である有害なアセトアルデヒドを速やかに分解できないため、少量のアルコールでも悪酔いしやすい、お酒に「弱い」体質です。お酒に「強い」「弱い」は遺伝による生まれつきの体質からくるものです。

このため、両親ともお酒に弱い人は、強くなろうと無理な努力をするよりも、自分の体質を認識し(周りの人にも知ってもらい)、体質に応じた飲み方を守っていくことが大切です。

引用元:KIRINホームページ

上記のように体質による影響をビールを売りたい会社が説明しているぐらいなので、ムリして飲んでも同じ変わらないということでしょう。

飲んで強くなった人は、飲みなれていなかっただけで、アセドアルデヒドを分解する力は持っていたのではないかと推測しています。

 

さらに説明の中に出てくる「ALDH2」ですが、こんな恐ろしい話もあります!!

こちらの動画の2分過ぎたあたりでも説明されていますが、私はこれと同じようなことをテレビ番組の「ためしてガッテン」で見てからムリして飲むのを辞めました!!

私もお酒を飲んだらすぐに顔が赤くなります。
ためしてガッテンではお酒の強い、弱いではなく顔の赤くなる人は食道がんに要注意する必要があるといった内容だったと記憶しています。

Sponsored Link

この記事にたどり着いた方の多くはお酒が弱い人ではないでしょうか?

その中でも特に顔がすぐに赤くなる人はムリして強くなろうとしないことをお勧めします!!
仮に強くなれたとしても、顔が赤くなる人は食道がんのリスクが高いことに変わりはありません。

と、簡単に飲まないことを勧めていますが、なかなか飲み会の席ではそうさせてくれない雰囲気がしますからね・・・

数年間無駄にムリしてきた私からのアドバイスとしては、飲む力をつけるより、飲まずに雰囲気を壊さない力を身につけるように頑張ることです。

 

難しいとは思いますが自分の体のことは自分が1番分かっているハズです!!