「そろそろしなきゃ…」
と思いつつも、後回しにしてしまいがちなキッチンの換気扇のお掃除。

ふと気がつけば蓄積した汚れが原因で換気扇が働かなくなってしまっていた、なんて事態を避けるためにも年に一度大掃除の機会に徹底的にお掃除しておきたいところです。

ここでは、

・キッチンの換気扇の掃除って何を使ってどうやるのが一番効果的?
・こびりついた油汚れにおすすめの道具は?
・時間も労力もかけず、換気扇を手軽にキレイにするやり方は?

をテーマに換気扇の掃除方法をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください!

Sponsored Link

軽い汚れにも頑固な汚れにも効果的なのが『重曹』

料理に使うイメージのある重曹ですが、実は掃除のお役立ちアイテムでもあります。

軽めの油汚れなら換気扇のファンを取り外して汚れに直接重曹を付け、お湯で濡らしたぞうきんや使い古した歯ブラシなどで優しくこすれば簡単にキレイになります。

そして、頑固なギトギト汚れには、重曹を溶かしたお湯につけ置きしておくという方法をお勧めします。

大体5分ほどつけ置いておくことで、汚れを分解して浮かせてくれますので、その後は乾いた布などで拭き取ればOKです。

換気扇のファンを取り外すのが面倒、取り外し方が分からないという方は、スプレー式のボトルに重曹水を入れ、汚れに直接吹きかけて浮かせて乾いた布でこすり取る、という方法もありますが、徹底的にキレイにするならやはり重曹湯へのつけ置き掃除をお勧めします。

油汚れはオレンジパワーにおまかせ!

オレンジオイルクリーナー

市販のクレンザーは、種類がありすぎてどれを買えばいいのか分からない…そんなあなたにお勧めなのが、「 オレンジクリーナー(友和) 」です。

個人的に周囲の主婦の方々に聞いてみたところ、このオレンジオイルクリーナーを使っている方が多く、それだけに効果は信頼できます。

フィルターにこびりついた油汚れの掃除におすすめで、以下に手順をご説明します。

①取り外したフィルターにまんべんなくオレンジオイルクリーナーを吹きかける
②汚れが浮いてきたところで水洗いする
③フィルターを完璧に乾かしてから取りつける

こんなに簡単な手順で、ウソみたいに油汚れが落ちます。

ぜひ一度お試しあれ。

Sponsored Link

よりお手軽に!後片付けもラクチンな簡単お掃除方法

つけ置き洗いが一番といっても、シンクに直接お湯をはってつけ置くのは気が引ける、大きなタライなどを換気扇の掃除用に買っても後々置き場に困る…

そんなお悩みを解消しつつ、つけ置き洗いを後片付けまでらくらく済ませてしまえる方法をご紹介します。

用意するのは、

  • 重曹(ワイドマジックリンなどの粉末状の洗剤もお勧め)
  • お湯
  • 大きめのビニール袋

です。

①キッチンシンクにビニール袋を口を広げて設置し、お湯を溜める。
②お湯に重曹(洗剤など)を溶かす。
③②のお湯に換気扇をつけ置く。
④汚れが浮いてきたら、お湯が冷めないうちに換気扇を出して乾いた布でふく。

あとは、汚れの浮いたお湯をゴミ袋から直接流してしまうだけ。

こうすればシンクも汚れないし、大きなタライなども必要ないのでかなり手間が省けます。

参考動画換気扇の掃除が初めての方はこちらの動画を参考に!

最後に

身近にあるものと、少しの手間で換気扇は驚くほどキレイになります。

何かと忙しい年の瀬ですが、一年を締めくくるためにも家中の大掃除だけはしておきたいものですよね。

換気扇は普段はなかなか手が伸びないような場所かもしれませんが、そういったところを掃除してこそ大掃除のすがすがしさを味わえるのではないでしょうか。

ご紹介した方法は、身近で簡単に用意できる道具ばかりを使用するので、ぜひあなたの家の換気扇をお手軽に掃除してみてくださいね。