ディズニーランドに子供と行きたい!
だけど、あの混雑に子供を連れていっても楽しめるか不安…。

そんな家族連れにおすすめなのが、冬の閑散期のディズニーリゾート

クリスマス~お正月のイベントが終わった後の1月中旬から下旬の平日は、一年でもっともディズニーリゾートが空いていてアトラクションの待ち時間も短いといわれています。

混雑に悩まされず、ディズニーリゾートを満喫するなら冬が一番!

今年の冬は、家族で夢の国をエンジョイしませんか?
今回は、子供といく冬のディズニーリゾートのポイントをお届けします。

Sponsored Link

冬のディズニーリゾートおすすめはいつ?

子供たちが大好きなサンタさんにも会える魅力的なイベントが盛りだくさんのクリスマス時期のディズニーリゾート。

この時期の週末は、毎年入場制限が掛かるほどの大混雑です。

前売り券があれば入場は可能ですが、

  • ちょっとドリンクを買うのに30分待ち
  • トイレにいくのにも最悪30分待ち

と、何をするにも行列に並ばなければならないので、子供連れでいくのはちょっと大変…。

クリスマスをゆっくり堪能したい方におすすめなのは、12月初旬~冬休みが始まるまでの平日。

この時期なら、あまり混雑しないので、小さな子供を連れてのおでかけならこの時期がベストです。

クリスマス~お正月の大人気イベントが終わると、ディズニーリゾートは年間で最も空いてる閑散期に突入します。

イベントより、アトラクションをたくさん楽しみたい!
そんな元気いっぱいな家族には、待ち時間が比較的少ない1月中旬~2月中旬頃がおすすめ。

2016年から、小学生、幼児向けにもキャンパスデーパスポートが発売されるので、入園料が安くなるのも嬉しいですね。

冬のディズニーはどれくらい寒いの?子供の服装は?

服装

海が近い冬のディズニーリゾートの寒さを舐めてはいけません!

1月~2月は最高気温でも10℃を下回るといわれていますが、かなり海風が強く吹いているので体感はもっと低くなります。

あまりの寒さに体調が悪くなって早々に帰宅…

なんてことにならないよう、雪国へ行くくらいの心づもりで、防寒対策は万全に!

Sponsored Link

おすすめ防寒コーディネイト

【上半身】
薄手インナー+厚手インナー+あたたかい服+アウター(防風性が強いものがあれば◎)

一番おすすめなのは、インナーの二枚重ね。

発熱、保温機能のある薄手のインナーと、厚手のインナーを組み合わせると、着ぶくれもせず、かなり身体があたたまります。

それでも寒いときは、お腹と背中に貼るカイロを貼っておくと良いでしょう。

【下半身】タイツやレギンス+ズボン+厚手の靴下

足もともかなり冷え込むので、ズボン一枚は×

必ず下にタイツや保温レギンスなどを履きましょう。

スカート派の子は、タイツを二枚重ね履きして!
靴は歩きやすくあたたかいムートンブーツがおすすめ。

【その他】ニット帽、手袋、マフラー

冷たい風が強く吹くので、肌を覆うこれらの防寒アイテムも必須!

小さい子供だとすぐに外してしまう子も多いのですが、そんな時は、リゾート内で売られているキャラクターがついた帽子や手袋、マフラーなどがおすすめです。

見た目も可愛らしく、きっと子供も喜んでつけてくれるはず!

かさばるけれど、出来れば持って行きたい便利グッズ

飲食物が持ち込み禁止で有名なディズニーリゾートですが、ビンや缶の持ち込みは禁止でも、水筒は禁止されていないってご存知でしたか?

重たくて持ち歩くのが辛いですが、いつでもあたたかい飲み物が飲めるのは便利で経済的ですね。

入園待ちや、パレード・ショーの待ち時間など、長時間座っているシーンは意外に多いもの。

冷たいコンクリートに座るとお尻から全身が冷えてしまうので、パレードでの場所取りの際はレジャーシートだけではなくブランケットを重ねて敷くとあたたかいですよ。

もちろん膝にかける分のブランケットもお忘れなく!

最後に
待ち時間が少ないおすすめの時期

  • 12月初旬~冬休みが始まるまでの平日
  • 1月中旬~2月中旬頃
  • いかがでしたか?

    冬は、子供たちが大好きな、サンタクロースや、アナ雪キャラクターに会える季節。

    寒さ対策を万全にして、ぜひ家族で素敵な冬の休日をお楽しみくださいね。