還暦祝いでのプレゼント。
旅行や食事などもとても良いですが、形に残って每日使える財布もいいですよね。

アンケートや口コミでは、財布はもらって嬉しい還暦祝いのプレゼントとして上位にきています。

Sponsored Link

形はどんな財布が良い?

女性は男性と違い、衣服に財布をしまうことはほとんどありません。
かならず、バッグに入れていますよね。

もちろん2つ折りの財布がダメというわけではありませんが、長財布を選ぶようにしてほしいところ。
どちらかというと長財布の方が高級で気品があるように感じますよね。

なぜ、還暦祝いで財布がいいのか?

昔と違い、60歳という年齢は社会人としてまだまだ現役ですよね。
仕事として外にでる機会もまだまだ多いです。

だからこそ、上品で立派な財布を使ってほしいと思いませんか?

財布は、毎日身に付けるものであり、人目に触れるものですよね。
だけど、なかなか自分で買う機会がないのが財布なんですよね。

自分で欲しいと思っていてもなかなか買えないものをプレゼントされることは誰でも嬉しいものです。

60代以上で人気のあるブランド財布

普段はあまりブランドにこだわりのないお母さんにも、還暦祝いは自分で買わない財布、ブランドだからこそ嬉しいと感じるはず。

還暦祝いと言えば「赤いちゃんちゃんこ」ですが、財布などブランド物は特に「赤」にこだわることなく、母の好みで選ぶのが良いでしょう。

それでは順番に紹介していきます。

ボッテガヴェネタの財布


上質なレザーを使った製品が人気のブランド。
シックで気品のある財布は、人生経験豊富な人にこそ持って欲しいですよね。
予算は7万円以上をみておきましょう。

ロエベの財布


ボッテガヴェネタとレザーを中心にした価値で争うスペインのブランド。
個人的には甲乙つけることが出来ません。

どちらも素敵なブランドですから、迷ったらどちらかを選ぶくらいのブランドかなと思います。

ルイヴィトンの財布


憧れブランドとして定番のルイヴィトン。
ここで選ぶデザインとして、ルイヴィトンを象徴するモノグラムデザインは選ばないほうが良いと思いますよ。

今では20代でも安く購入が出来るのが、モノグラム柄の財布ですので、柄が入っていない財布が60歳以上の女性にふさわしいのではないかと思いますよ。

ダコタの財布


レディースカジュアルブランドとして誕生したダコタ。
カジュアルというコンセプトがあり、価格を抑えてクオリティが高い商品が多いです。

財布類は予算を3万円以内くらいを考えましょう。
「コーチ」と少し立ち位置が近いブランドかもしれませんね。

Sponsored Link

ナターシャの財布


少しエミリオプッチのような雰囲気が上品さを感じさせる財布。
せっかくなので柄物をチョイスしましょう。

柄物でもいやらしさがない素敵なデザインが多いブランドです。

まとめ

還暦祝いにおすすめの財布でした。
デザインだけではなく、あとはカード類など多く収納する事が出来るなど好まれる傾向にあるので、それらを踏まえながら選ぶといいですよ。