結婚式に出席するにあたって自分の服装はいいけど、子供の服装はどうすればいいのか迷ってしまいますよね。

そういえば、マナー違反になる服装とかあるのかな?とか、周りから評判の悪い服装など気にもなったりなど。

今回は結婚式に出席する際の子供の服装について。

Sponsored Link

結婚式での子供の服装にルールはありません!

あくまでもマナーとしての決まった基準があるわけではないということですね。

通っている学校で制服があればそちらを着用することもありますし、少しおめかしした洋装にするなど決まったルールはないのが現状です。

どんな服装が無難?

男の子は白いシャツを着させて、上品なスラックスを穿かせたりなどですね。
長いパンツでもいいですし、ショートパンツでもどちらでも良いと思います。

女の子なら、代表的なのがワンピース。
リボンが付いたものなど可愛らしいワンピースがいいと思います。

困ったら通っている学校の制服、まだ小さいお子様の場合はお手軽にレンタルで利用できるサービスもありますのでそちらを利用するといいでしょう。

イメージは七五三のような感じですね。

あくまでも新郎新婦が主役!

自分の子供を可愛くさせたいのは心情的にわかりますが、主役はアナタの子供ではありません。
新郎新婦より目立つような柄物のワンピースなどは避けてくださいね。

柄だけじゃなく、レースやフリルなど目立つデザインの物も控えめに。
親族の結婚式であれば話は変わってきますが、知人の結婚式に参加する時は、アナタの事を知らない人も多く参加するわけです。

周りから「なんなのこの人?」なんて思われて場の空気を壊さないようにしましょう。

白のドレスは幼稚園まで

白のドレスを着れるのは幼稚園まででしょうね。
花嫁が着ているのはキレイな白のウェディングドレス。
あくまでも主役は花嫁です。

基本的には花嫁の意見やリングガールを担当した時だけ。
白を着たい場合はワンピースが無難になります。

Sponsored Link

きちんとした正装をしてみては?

男のなら、学校の制服に近いブレザーのような服装(ネイビーや白、黒でのコーディネート)、女の子なら色が単色で過度な装飾が施されていないワンピースなどが正装としてふさわしいです。

自分の子供を可愛く見せたい気持ちは、親なら当然持っているものですが、正式なマナーとしての着こなしをさせることも親として大切なことではないでしょうか?

まとめ

結婚式の子供の服装について調べてまとめてみました。
明確な決まりはないものの、分別を弁えることはとても大切な事。

マナーとは決まりではなく、相手に対する思いやりの心なんですよね。