学生にとって、就活は自分の人生を左右する事になる人生の節目。
志望する会社には是が非でも内定が欲しいですし、出来るだけ内定の数が欲しいもの。
能力や学歴だけではなく、見た目も内定を勝ち取るにはとても大切な要素

結局は、人が選ぶわけですから、常識がある立ち振舞や、服装なども審査の対象になっています。
今回は就活で使うネクタイについて。

選び方や柄、色、着こなしなど基本を覚えておきましょう。

Sponsored Link

ネクタイの基本的な柄

それでは見ていきましょう。

レジメンタル

斜めにシルバーが入っているタイプ。
ストライプなどとも呼ばれていますが、個人的にレジメンタルの方が呼び名はいいですね。

リバース

レジメンタルと逆向きのストライプタイプ。
何故、レジメンタルをストライプと呼ばない方がいいのかは、逆向きのネクタイのリバースがあるからです。

ドット

すぐにイメージしやすいと思います。
ちょっと就活をする時には向かないと思います。

チェック

格子柄ですね。
レジメンタルと同じくらい定番と言えるでしょう。

無地は当然ありますので省きます。

就活の時に絶対に選んではいけないネクタイは?

就活時にしてはいけないネクタイが2つありますので覚えておきましょう。

無地の白のネクタイ、もう1つが無地の黒のネクタイです。

この2つは冠婚葬祭で使われる代表的なネクタイなのですね。
世間一般で常識となっているので、アナタの常識の無さが採用担当者に露呈する事になります。

就活に最適なネクタイはどんなもの?

一般的な事を言えばまず派手すぎないこと。
個性を出すことも大切ですが、服装の個性は就活時にマイナスに働くことがほとんどです。

アパレル業界などは少し違いますが、基本的に派手すぎないネクタイを選ぶことです。
就活時によい定番のネクタイを紹介します。

赤やエンジ色のレジメンタル

どのような会社の面接でも問題はないネクタイの組み合わせです。
派手すぎず、活発な印象を与えることも出来ますし、リクルートスーツとの組み合わせも良いですね。

Sponsored Link

青を基調にしたレジメンタル

こちらも赤やエンジ色のレジメンタルと同じくらい就活に向いているネクタイです。
相手に落ち着いている印象を与えることが出来ます。

グレーのドット柄

他の就活をしている方と違う印象を与えるならグレーのネクタイがおすすめ。
もちろんグレーの色は控えめな色を。

グループでのディスカッションの現場などで冷静さを与える印象に。

まとめ

最後に就活で使われる定番のネクタイを紹介しましたが、他のネクタイがダメなわけではありません。
相手に失礼を与えない事が根本にあります。

リクルートスーツと合わせた時に、派手すぎない、浮かないようにする違和感のないネクタイを選ぶことが大切ですよ!!