夏と言えばかき氷!
お祭や自宅、街中で暑い時についつい食べたくなってしまいますよね。

それだけ多くの人に愛されているかき氷ですので、きっと誰もが食べた時に頭痛を経験しているのではないでしょうか?

Sponsored Link

かき氷の頭痛はれっきとした医学的な症状

かき氷だけではなく、冷たい食べ物を食べた時に起こるという意味で“アイスクリーム頭痛”と呼ばれています。
だけど、あまりアイスクリームを食べた時に痛みが来る経験がある方は少ないかもしれませんね。

かき氷のイメージが強いと言えますが原因はなんなのでしょうか?

脳の認識と体温調整

  • 急激に体温が下がることで、体が体温調節の為に血流が上がるため
  • 脳が間違って冷たさの信号を認識する

簡単に言えばこの2つが、頭痛が起こる理由。

頭痛のメカニズム

上記2つの流れとして、イメージがしやすいのは、長時間、雪や氷などを手で触れていると皮膚感覚が麻痺をしていきます。
この時に熱いお湯などで温めようとすると、痛みが伴うこと。

そして痛みとして脳が認識するのは、温度が極端に低い氷に触れた時の認識。
分かりやすのはドライアイス。

本来触ってはいけませんが、触ったことがある方は痛かった記憶があると思います。
冷たいという認識ではなく痛いと感じるのですね。

かき氷の痛みの原因は温度の低さと急激な変化

痛みのメカニズムを知ると、つまり温度が極端に低いものを食べることによって引き起こされる事は明白ですよね。

市販のかき氷でもいいですし、自宅で作ったかき氷でもいいのですが、店舗のメニューとして出しているかき氷は頭痛が起きにくいんです。
よく天然水で作ったかき氷は頭痛が起こらないと言いますが、天然水は氷の質が違っていて、柔らかい質感になっていて温度が上がりやすい、または冷たさを伝えるのに時間がかかるから。

天然水だろうが水道水だろうが、あくまで全て伝わる温度の影響です。
温度がマイナス25度以上の天然水を食べたらきっと頭痛がしやすいでしょう。

Sponsored Link

頭痛を瞬時に治す対処法

急激な温度変化が原因ですので、近い温度を伝えることによって頭痛を抑えることが可能です。

かき氷が入った器をそのまま額にしばらく当ててみましょう。
次第に痛みが消えていきますよ。

以外かもしれませんが、脳の認識は冷たさと急激な変化を「痛み」として認識していますから、冷たくて近い温度を脳に近いおでこに当てることは理にかなっていると言えますね。

あと私の経験談として、かき氷を食べる前に頭を少し冷やしたり、冷たい水を飲んでから食べると頭痛が起こりにくいです。

暑い日にかき氷を目にすると、ついガツガツと食べたくなりますが準備運動がてらに、頭や口の中を冷やしてから食べてみて下さい。

最後に

かき氷を食べた時に出る痛みの原因と対処法でした。
もし、気をつけていてもかき氷を食べた時に痛みが出るようでしたら、おでこに冷たいものを当てましょう。

どなたかは忘れてしまいましたが、アイス好きの芸能人はアイスを複数個用意し、アイスで頭を冷やしながらアイスを食べているとか・・・