東京代表は強い!というのは少し前の話なのでしょうか?

近頃、代表校が力を発揮できていません。
春のセンバツでは代表だった東海大菅生と二松学舎大付は2校とも残念ながら初戦敗退でした。

全国トップクラスの激戦である地区予選が影響しているのか、近年甲子園でなかなか思うように成績をあげていないのが東京代表です。夏の大会だけで見れば、西東京代表は2011年(93回大会)で日大三が優勝して以来、そこから3年連続で初戦敗退。

東東京代表も、ここ数年ベスト8に食い込めていない状況が続いています。

スポンサーリンク

捲土重来!?西東京は日大三の強力打線に期待!!

言わずとしれた日大三は夏優勝2回、春1回の間違いなく東京随一の強豪校です。
春の関東大会・東京地区予選会では圧倒的な強さで優勝。

どの打順からでも本塁打が出る打線は相手投手に失投を許させないプレッシャーを与えます。中でも5番・小藤翼が絶好調。

おもいっきりのいいバッティングにさらに磨きがかかり、本塁打を量産。また捕手としても強肩で相手の盗塁を許さないなど攻守ともに確実に成長した姿を見せてくれています。

勝負強い4番の坂倉将吾との相乗効果により打線全体を活気づけたいところです。投手陣については絶対的エースはいませんが、我慢強く複数の投手をつないでしのいでいるのが現状ですが個々がレベルアップし、打線とかみ合い勢いに乗れば、手の付けられない会心劇を見せてくれるでしょう。

春の雪辱を果たす!東東京の注目は潜在能力随一・二松学舎大付

昨年の夏、そして春、甲子園へ連続出場している同校の中心は間違いなく2年生エース・大江竜聖投手です。

関東大会東京地区予選では得意のスライダーが高めに浮き、日大三に4本のホームラン、10安打とめった打ちにあい大敗したものの、その能力、経験値は夏の予選に生かされ、活躍が期待されます。

同校を率いる市原監督も「成長のための必要なプロセス」というコメントを出している通り、更なる高みを目指しています。

春は屈辱の初戦敗退。夏はその忘れ物をとりに、大江に躍動感が戻ってくれば厳しい地区予選を勝ち抜く力は十分あると言えるでしょう。

やはり東京は激戦・混戦必至


そのほかにも西は関東大会東京地区予選で東海大菅生を下し、準優勝した佼成学園も力をつけており、代表の座を狙える位置にきています。

また東は関東一、帝京と地力のあるチームがそろっていますのでかなりの混戦になることが期待されます。

7月4日から東・西ともに予選が始まり、予定通りいけば西は26日、東は27日に代表校が決定します。