山里の城下町。岐阜県郡上八幡。
この郡上八幡の夏の風物詩といえば、なんといっても“郡上おどり”

7月中旬から、32夜、会場を変えながら、毎夜、毎夜、踊り子たちの熱気で城下町が活気づきます。

400年以上、地域の人々に愛され、大切に受け継がれてきた“郡上おどり”。
郡上おどりへの愛情と誇りは踊りはもちろん、歌とお囃子にも注がれています。
現在も、歌とお囃子は、“生演奏”。
演奏者たちが乗った屋台が踊りの輪の中心です。

歌い手の節のきいた生歌と三味線や太鼓の生演奏で踊れるなんて、ものすごく贅沢だと思いませんか?

Sponsored Link

見上げれば、山の頂に凛とたつ“郡上八幡城”。
その麓に広がる風情ある城下町で、浴衣を着流し、下駄の音を響かせる・・・・。

ほら、郡上おどりを踊ってみたくなりましたよね?
では、郡上おどりについてドーンとご紹介します。初めて参加する方はぜひご覧ください。

  • 一番盛り上がる“徹夜おどり
  • 郡上おどりの楽しみ方
  • 郡上おどり講習会
  • 郡上おどりと花火大会
  • 日程と会場
  • アクセスと駐車場
  • “郡上踊り”in 青山

一番盛り上がるのは“徹夜おどり”

32夜の中でも特に盛り上がるのは、8月13日(木)~8月16日(日)のお盆の4日間。
“徹夜おどり”の呼び名のとおり、夜8時から翌朝4時頃まで、お囃子にあわせて、老いも若きも、郡上っ子も観光客も一つの輪になって踊りあかします。

この4日間で約20万人が全国各地から踊りにやってくるそうです。

見ているだけなんてもったいない!!
踊ってこその“郡上おどり”です。

郡上おどりの楽しみ方

郡上おどりの“免許状”を目指すのも楽しみ方のひとつです。
審査員にあなたの“郡上踊り”が認められれば、郡上踊り保存会公認の“免許状”がもらえます。

参加方法は簡単。
開催日(21時~22時頃)に、演奏者たちの乗った屋台に『郡上おどり免許状審査中』の垂れ幕がかかったら審査のはじまりです。
課題となる曲は毎回かわるそうなので、得意な曲にあたれば免許状も夢じゃないかもしれません。

審査員が踊り手たちをみてまわり、優秀な踊り手に免許状を発行するしくみ。

本場に備えて、練習したい!
免許状を手にするために特訓したい!

そんな方に朗報です。
有料ですが、踊りの手ほどきがうけられる講習会が開かれます。

郡上おどりの講習会

会場は、『郡上八幡旧庁舎記念館』
郡上おどり開催期間中の土日と徹夜おどりの4日間、踊りのレッスンが受けられます。

1回520円 要予約
※詳しくは財団法人郡上八幡産業振興公社のHPで確認しくださいね。
こちらから申し込めます。

郡上おどりと花火大会

郡上おどりの期間中、花火大会も一緒に楽しめる特別な日があるんです。

8月7日(金)※予定

この日は、“郡上八幡城下町花火大会”も開催されます。
花火は、山の頂にある郡上八幡城から打ち上げます。

山城と郡上おどり、そして、花火の競演。郡上八幡にしかない唯一無二の風景です。
見逃せませんよね。
※今年の花火大会の日時や詳細はまだ発表されていません。

郡上おどりの日程と会場について

【期間】7月11日(土)~9月5日(土) 32夜
    ※毎晩ではないので下記の日程表で確認してください

【時間】平日・日曜日 (20時~22時半頃)
    土曜日 (20時~23時頃)
    ※8/12、17 (19時半~21時半頃)
    ※8/13~16 (20時~翌朝4時頃)
    
※会場は街中や神社の境内、広場など毎回変わりますので、下記の日程表で確認してください。
※郡上八幡観光協会のHPで、各会場の地図のほか、会場ごとの撮影ポイントも確認できます。

7/11(土) 旧庁舎記念館前
7/16(木) 上殿町        
7/18(土) 旧庁舎記念館前
7/19(日) 旧庁舎記念館前
7/25(土) 旧庁舎記念館前
7/27(月) 積翠園前       
7/28(火) 城山公園       
7/30(木) 川原町       
8/01(土) 本 町※小中学生郡上おどり発表会 午後7時~
8/02(日) 城山公園      
8/03(月) 下殿町       
8/04(火) 大手町      
8/05(水) 積翠園前       
8/07(金) 本 町※郡上八幡城下町花火大会(予定)
8/08(土) 郡上八幡駅前    
8/09(日) 今 町       
8/10(月) 新栄町※個人おどりコンクール 午後8時~
8/11(火) 下日吉町       
8/12(水) 城下町プラザ
8/13(木)新町~橋本町 ※徹夜おどり
8/14(金) 新町〜橋本町 ※徹夜おどり
8/15(土)橋本町~新町 ※徹夜おどり
8/16(日)本 町    ※徹夜おどり

8/17(月) 城下町プラザ
8/18(火) 下愛宕町
8/19(水) 立 町※団体おどりコンクール 午後7時30分~
8/20(木) 本 町
8/22(土) 八幡神社
8/24(月) 上桝形町
8/29(土) 新 町※おどり変装コンクール 午後8時~
8/30(日) 新 町
9/05(土) 新町~今町※屋形おくり提灯行列 午後11時~

引用元:まめなかな

アクセスと駐車場

アクセス

東海北陸自動車道:郡上八幡インターチェンジから約10分
長良川鉄道『郡上八幡駅』下車 徒歩25分 ※会場により多少異なります

駐車場

人手が多くなるお盆の徹夜おどりの期間中は、臨時駐車場や無料シャトルバスなどが設けられるそうですが、今年の詳細はまだ発表されていません。

また、徹夜おどりの期間中は、早いうちから駐車場はうまってしまうので、行動はお早めに。
駐車場の中でも市営の日吉駐車場は穴場なんだとか。
作戦の臨時駐車場や無料シャトルバスについての案内パンフレットがこちら

行きたいけど、郡上は遠くて行けない・・・とあきられているみなさん、
郡上おどりが東京でも体験できるって知っていました?

Sponsored Link

“郡上おどり”in 青山

江戸時代。郡上藩藩主青山家の江戸屋敷があったことからついた“青山”の地名。
その縁で、東京の青山でも2日間にわたり“郡上おどり”が開催されます。

郡上踊り講習会や鮎の塩焼きなどの販売もある郡上八幡物産展も同時開催するそうです!

【日時】6月26日(金)・27日(土)
【会場】秩父宮ラグビー場 駐車場
【アクセス】銀座線『外苑前』3出口から徒歩3分
【スケジュール】(予定)
    ・踊り講習会 26日16時~、子ども踊り講習会 27日午後3時~
    ・郡上おどり17時~20時
    ・鮎の塩焼きと郡上八幡物産展 13時~20時

日本の風情ある“郡上おどり”。
“日本の夏”を満喫するのに、おすすめです!