夏と言えば花火。
多くの人を魅了し、楽しませ、夏が来た!
そう思わせる不思議な魅力の花火を写真に収める人は多いですよね。

花火の写真上手く撮れていますか?
花火の写真を取るたびに…何かが足りない…
そう感じてはいないでしょうか?

それは写真を上手に取る準備が足りないからです。
「えっ?だけどそんな技術なんて知らないし、どうしていいか分からない」
大丈夫。
誰でも上手に取れるコツがあるのです。

Sponsored Link

取り方はこれでOK!花火を綺麗に撮影するポイント!

基本中の基本である構図

構図と聞いても、写真の知識がない人にとっては難しい場合もあるでしょう。
この構図はまず、ドコで花火を取るのか決めないといけません。

構図はまず場所!

打ち上げ場所から距離があるとスマホではさすがに厳しいです。
ズーム機能は画質を落としてしまうので、距離がある場合も使用しない方がマシです。

レンズで確認をしている時に、花火が中心になるようにします。
イメージを前もって持っておくと構図は決まりやすいですね。

ブレを防ぐためには?

腕と手のみだけでは、固定が難しい事もあります。
特に、スマホはシャッターボタンに触れる時にブレがちに。

一番良いのは三脚などで固定することですが、手間と費用がかかりますね。

そんな時はiPhoneならイヤホンを利用する方法があります。
イヤホンを接続した状態でボリュームボタンを押せばシャッターを切ることが出来ます。
画面のシャッターボタンを押すより格段に手ぶれしにくくなりますよ!

Androidでも可能な機種もあるようなので、事前にお使いの端末で試してみると良いでしょう。またイヤホンが無い場合や、対応していない場合は、画面ではなくサイドのボタンでシャッターを切る方がブレにくいです。

フラッシュの調整はどうするか?

コレが難しいのですね。
基本はまず、フラッシュは必要ありません。
距離があるので、花火まで絶対に届きませんし、夜の空などで画像全体が荒れます。

花火の取り方
iPhoneならカメラの機能に「AE/AFロック」というものがあります。
この機能はピントや明るさをバランスよく自動で調整してくれる便利なもの。
デジカメの半押しと同じ機能です。

設定方法は画面を長押しするだけ。
明るい場所に向けている状態で「AE/AFロック」すると、その明るさに合わせた調整になるので注意して下さいね。

あとは「HDR」と「フラッシュ」も忘れずにOFFに。

「HDR」は普段は綺麗な写真を取るために必要な機能ですが、シャッタースピードが遅くなるので、動きのある花火などを撮影するときはOFFにしておきましょう。

他にも、夜景モードなど最近のスマホカメラは便利な機能が備わってることも多いので、自分が持っているスマホカメラを確かめてみてはどうでしょうか?
デジタルカメラとほとんど変わらない性能と言えるくらいですよね。

距離が遠いのでズームしたい

冒頭でも少し触れましたが、絶対にやめましょう!!

工学ズームとデジタルズームは違います。

私も詳しい技術は工学部出身ではないので上手く言えませんが、根本的に違うものなので、デジカメと同じようにズーム機能を使うと画像が荒れてしまいます。

Sponsored Link

花火撮影用のアプリを使う!

最近では夜の花火を上手く取るためのアプリも出ていますので、ダウンロードをするのも1つの方法です。

以下の2つがおすすめ。

  • 夜景フォト
  • 花火モードが内臓されているので、細かな説明したような細かな設定をしなくても花火を綺麗に取ることができます。

  • アフターシャッター
  • 動画から気に入った一コマを写真にすることができます。
    有料なのが難点です・・・

終わりに

花火を上手に撮る為の下準備や撮るときのコツでした。

今年はインスタグラムやフェイスブック、ツイッターなどに綺麗な花火の写真をアップしてみましょう!