夏の時期以外はそうでもないのに、夏の時期だけ下痢が続く方。
原因は復数考えられますよ。

どんな時にちなみに下痢になったりしますか?

この時のタイミングでも原因が変わってくると言われます。
状況別に、原因を推測しましょう。

Sponsored Link

夏に下痢が続く原因は主にこの2つ!

まずは腹痛が伴う下痢の場合は【食あたり・冷たいものの摂り過ぎ】が原因とされています。暑い時期ですから、つい飲み物を飲んでしまいますよね。

会社の同僚と飲む機会や、イベントも増えるのでついつい多くのアルコールや食べ物も食べてしまう事が原因。

通勤時に、便意が毎回来るようなら、精神的なストレスと推測。
不愉快な暑さと湿気、息苦しい每日のストレスが知らず知らずのうちに溜まっているのかもしれません。

これらで共通するのは胃腸の調子が悪くなっていること。
長く続くようですと病気の疑いも出てきます。

下痢が続く場合の対処法は?

汗をかきやすい時期ですし、エネルギーと水分が失われやすいのでついつい暴飲暴食をしていませんか?
胃腸の調子も悪くなっている可能性がありますから、消化不良になりやすいです。

暑いからといって、冷たいものだけではなく、温かい飲み物もとるようにしましょう。

水分は、体温に合わせて身体に吸収されます。
つまり平均は36度くらいかと思いますので、その温度に近い飲み物は身体にすぐ吸収されるのです。

冷たい飲み物は、その温度にするために胃腸に負担をかけている事になります。

風邪に効く食べ物は、下痢の予防にも治すにも良い!

風邪にかかった時に、どんな食べ物を食べていますか?
代表的なのは、おかゆですよね。

おかゆもただのおかゆじゃなく、少量の生姜や薬味をいれると、新陳代謝と胃腸の調子が良くなりますよ。
固形物を食べるのが辛い時は、生姜湯がいいでしょう。

胃腸が弱っていますので、生姜のすりおろしの量は少なめにしましょう。
多すぎるとかえって負担をかけてしまいます。

それでも治らない場合は?

市販の薬に頼ったほうがいいかもしれません。
薬に頼りながら、塩分と糖分も補給が出来るスポーツドリンクなどを水分補給に使うといいでしょう。

下痢は、水分不足になりがちで、身体に必要な栄養素も逃げてしまいますので、リンゴなど気軽に食べれる果物も摂取するといいでしょう。

今では、お水が無くても飲める下痢止めの薬もあるので、会社へ通勤する時に常備しておくと困ることはありません。

ただこれらの薬は下痢を止めているだけなので、根本的な解決にはなりません。
暑い夏にだけ下痢が続く方は、食生活が原因である可能性が高いです。

Sponsored Link

まとめ

夏の時期に続く下痢。
なってしまったら薬を常備し、冷たい飲み物ではなく、温かい飲み物に。

それでも治りが良くないなら、病院で診断をしてもらいましょう。
暑さで体の抵抗力が弱まっていますので、一時期の体調不良ではなく病気の可能性もありますよ。