今回は麻雀初心者が覚えて欲しい麻雀の「基本役」について紹介します。
紹介する「基本役」は3つ。リーチ・ピンフ・タンヤオです。
正式名称なども紹介していきます。

とにかくアガリたいなら必見です!!

Sponsored Link

初心者がまず覚えておきたい役!

1、リーチ

正式名称:立直
1翻
まずはリーチです。

日本の麻雀はよく「リーチ麻雀」と言われており、リーチがどれだけ重要かがわかりますね。

リーチの定義としては、
・門前であと1牌そろえば上がりになること
・1000点以上持っていること
が定義とされています。

門前というのが特徴です。
門前というのは手元に13枚、または14枚ある状態。

チーやポン、カン(一部例外を除く)をしていない状態のことを門前(メンゼン)と言います。この門前の状態でなければリーチはできません。ただ、例外として、暗槓(アンカン)はしていても大丈夫です。

暗槓とは自分の手の中から同じ牌を4つさらすことです。カンドラも増え、裏ドラも1つ増えます。
では、どれがリーチしてOKか、例を参考にして見てみましょう。

①25000点持ち
手牌 一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国白:麻雀王国白:麻雀王国一索:麻雀王国四索:麻雀王国待ち ○
これは点数も足りていますし、門前であることを満たしていますのでリーチができます。

②11900点持ち
手牌一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国西:麻雀王国西:麻雀王国裏:麻雀王国二筒:麻雀王国二筒:麻雀王国裏:麻雀王国六筒:麻雀王国九筒:麻雀王国待ち ○
この2つ裏返っているのが暗槓です。点数も満たしていますのでリーチがかけられます。

③800点持ち
手牌七萬:麻雀王国七萬:麻雀王国七萬:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国一索:麻雀王国一索:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国三萬横:麻雀王国三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国一索:麻雀王国北:麻雀王国待ち ×
この形は大明槓(ダイミンカン)といい、他のところから牌をもらってカンをしています。
この形ではリーチはできません。

あと点数が足りない点についても同じく、1000点以上持っていないといけませんのでリーチはかけることはできません。

また、リーチをするとそれ以降、手を変えることはできません。
ドラだ! こっちと入れ替えたい…」という考えもダメです。まだ考える必要はないですが、上手くなってきたら「手替わり」を考えて見ることも大切になってきます。

「リーチはかけたら手は変えられない」と覚えておきましょう。

2、ピンフ

正式名称:平和
1翻
次は平和です。

この平和、麻雀の中では初心者から上級者まで誰しも使う万能役ですので是非覚えてくださいね。
平和の定義ですが、すこしややこしいです。
・全ての面子が順子(シュンツ)でないといけない。
・門前でなければいけない。
・頭に「役牌(1翻)」がつく牌を使ってはいけない。
・最後の待ちが両面待ちであること。
の4つです。

少し解説をいたします。
まず、「全ての面子が順子(シュンツ)でないといけない」、麻雀の面子には順子(シュンツ)と刻子(コーツ)があります。順子は123や456と横並びのもの。刻子は111、999、中中中など同じ牌が3枚ある状態です。この刻子は使ってはいけません。

次に「頭に「役牌」がつく牌を使ってはいけない」ですが、これが少し難しいのです。
まず、麻雀の風を理解しなければいけません。

麻雀の風とは、その局、東、南、西、北が各自に振り分けられています。
自分が南の風の時に頭を南で作ってはいけません。また、東場、南場があり、東場では東を頭にしてはいけません。

南場では南を頭にしてはいけません。
さらには、白・發・中の3つはどんなシーンも頭にしてはいけません。

じゃあ、どれが使えるんだ!」というようになりますよね?
そこで本文にある、「頭に「役牌(1翻)」がつく牌」を使ってはいけない、の登場です。例えば自分が西家だったら西を頭にしてしまうと「1翻つく頭」になってしまいます。実際にはつきませんが、これはルール違反です。ですので、今、自分がどの風、場が東場なのか南場なのかをしっかり確認しましょう。
「最後の待ちが両面待ちであること」というのは、全ての形を説明する方がわかりやすいですね。
【麻雀の待ちの形】
・両面待ち三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国二筒:麻雀王国五筒:麻雀王国待ち
・カンチャン待ち一筒:麻雀王国三筒:麻雀王国待ち二筒:麻雀王国
・ペンチャン待ち一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国待ち三筒:麻雀王国
・単機待ち發:麻雀王国待ち發:麻雀王国
の4つを覚えておけば良いでしょう。この4種類のうち、両面待ちしか使ってはいけない、ということになります。
では、簡単なテストです。以下のどれが平和になるか、考えてみてください。東1局自分が西家とします。
一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国五筒:麻雀王国五筒:麻雀王国五筒:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国九索:麻雀王国九索:麻雀王国
二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国四索:麻雀王国六索:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国二索横:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国
七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国九萬:麻雀王国一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国南:麻雀王国南:麻雀王国
三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国

…おわかりになりましたか? 正解は③の七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国九萬:麻雀王国一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国南:麻雀王国南:麻雀王国になります。
おかわりになった方、素晴らしいですね。ちなみに④の三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国という待ちはノベタン待ちといい、2つの単機待ちがある状態です。四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国三萬:麻雀王国待ちと三萬:麻雀王国六萬:麻雀王国待ち。
説明してきましたが、平和という役はかなり制限が強い役です。しかし、麻雀をやる上で平和は外せません。しっかり覚えて実践に臨みましょう。

3、タンヤオ

正式名称:断么九
1翻
平和に比べればとっても覚えやすいタンヤオです。

タンヤオの定義は、
・么九牌(1~9と字牌)以外、2~8の数字牌で作る。
というふうに簡単です。

「么九牌」は1~9と字牌で外よりな牌で「ヤオチュウハイ」と読みます。逆に2~8の真ん中数字の牌を「中張牌」(チュウチャンパイ)と言います。

タンヤオは鳴いてでも使うこともできますし、門前でも使うことができます。
ルールはただ一つ、「么九牌が入っていないこと」です!
三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国 や 六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国チー:麻雀王国六索横:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国などです。
使い勝手はとても簡単です。とにかく上がりたい!という方には点数は安いですが、鳴いてタンヤオ、通称「クイタン」をお勧めします。

Sponsored Link

終わりに

さて、ここまで、リーチ・平和・タンヤオの3つ、麻雀の基本役を説明しました。
まだまだ麻雀の役はありますが、まずはこの3つをマスターしていただければ幸いです。

また、この3つを全部複合させると、リーチ・平和・タンヤオ=通称「メンタンピン」といい、3翻が確定していることを言います。

タンヤオのところで少し触れましたが、確かにタンヤオは鳴いてでも上がれます。
でもドラや他の役が絡まないと1000点にしかなりません。しかし、上記の「メンタンピン」は3900点あります。クイタンを4回上がらなければいけません。

クイタンも重要ですが、まずはじっくり門前で平和を、次にタンヤオを、そしてリーチをかけて3900点、さらにはツモって裏ドラを乗せて「8000点!」と言えるようになるともうマスターしたも同然です。

覚えることは大変ですが、必死で覚えたことは簡単には忘れません。
ですので最初の苦労を「結果」として残して頂けたら幸いです。