皆さんは、麻雀をやっていて「今日は上がれないなぁ」や「今日はどうやってもダメだ」なんて日はありませんか?

そんな日に試してほしい麻雀テクニックを3つばかりお教えします!

Sponsored Link

上達のコツはコレッ!

その1「平和はリーチ


皆さんは平和といえばどんなイメージでしょうか?
麻雀の基本だったりいろいろありますよね。

しかし、麻雀をやっている人はわかると思いますが、平和ツモの点数って安いですよね。
平和・ツモで400/700で合計収入は1500点。
平和・タンヤオ・ツモで700/130で合計収入は2700点。
平和・タンヤオ・ツモ・ドラで1300/2600で合計収入は5200点。

4翻あるのに5200点の収入…「割にあわない」と思う人も多いはず。

そんな時に教えたいのは「平和はリーチ」

理由があります。以下の例をご覧ください。
二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国ドラ二筒:麻雀王国

この形でリーチをかけています。リーチ・タンヤオ・平和の手でドラはありません。出和了3900点の手です。
しかし、仮にツモったとして、裏ドラが乗ったらどうなるでしょう?
リーチ・平和・タンヤオ・ツモ・ドラで満貫になります。

実はこのようにかぶり牌がない、平和の時の裏ドラが乗る確率は約30%と言われています。
ですので、出和了3900点の手も裏ドラ次第では満貫の手に変化する訳です。

裏ドラなんて運、ということは実際には事実ですが、確率で計算すると意外と高いということを覚えておいてくださいね。

その2「ドラドラは門前で」

牌配時、ドラドラあったらどうしますか?
喰ってタンヤオ・ドラドラについしてしまっていませんか?
それは少しもったいないのです。

喰いタンドラドラで3900点~でも点差が微差なオーラスとかであればわかります。
しかし、牌配の時点でドラドラあるというのは完全にリードしている証拠。
平和・ドラドラでリーチをかけてしまえば一気に満貫が見えますし、上記で説明した確率を考えれば裏ドラが乗って跳満まで見えることになります。

3900点と12000点。その差8100点。
1回満貫を上がる以上に有効です。
満貫を上がることが大変なことはこの記事を読んでいる方は理解できるはず。
それであれば3900点よりも牌配で跳満が見えるのであれば一気に12000点を取りにいきましょう。

その3「七対子の待ち牌は親の現物のスジで待て」

七対子の待ち牌。
么九牌が良いとみんな思っているはずです。
実際に私もそうです。

しかし、七対子という役を目指すにあたって、自分の河が他家から見て「おかしい」と思わせてしまえば、上がりやすい、西や北も止められてしまいます。

実際、麻雀で必要になるのは河の読み。
相手から自然な河に見えるのであれば么九牌で待っても全然大丈夫です。

しかし、明らかに七対子をやっている河になってしまってはどうしようもありません。
そこで必要なのが「親の現物のスジで待つ」ということです。

以下の例をご覧ください。
【親の河】
西:麻雀王国一萬:麻雀王国九筒:麻雀王国北:麻雀王国南:麻雀王国九索:麻雀王国白:麻雀王国八萬:麻雀王国二筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国五索:麻雀王国
のような河です。
12巡が終わり、いきなり濃い五索:麻雀王国が出てきています。

もちろん他家は意識します。五索:麻雀王国が出てきたということは一索:麻雀王国四索:麻雀王国六索:麻雀王国九索:麻雀王国あたりが本線。しかし、九索:麻雀王国は6巡目に切られています。となると一索:麻雀王国四索:麻雀王国三索:麻雀王国六索:麻雀王国あたりか、と読むことができます。

さて、あなたは七対子を聴牌しました。白:麻雀王国八索:麻雀王国 のどちらかの待ちになります。
この時、親の現物、白:麻雀王国で待っていませんか? もちろんこの選択も正解です。

しかし、もっと良い待ちは八索:麻雀王国です。
まず、自分が「親の安牌を手出し」することによって他家からのマークは少し外れます。

さらには、白は誰かが対子で持っている可能性もあります。
そうなるとなかなか出てきません。でない白:麻雀王国を待つより、あえて、親の12巡目の五索:麻雀王国のスジである八索:麻雀王国で待つことによって、効果がでるのです。もちろんそのまま現物で待つことも一つの手です。しかし、この河を見る限り、現物とはいえ、12巡目です。聴牌ラインの10巡目を超えてしまっている段階で五索:麻雀王国がでてくる可能性も少ない。そうした際に親の聴牌気配濃厚とみた他家がスジである二索:麻雀王国八索:麻雀王国を切ってくるということになります。

時に現物というのは上がりやすい一方、枚数が少ないです。
少ない待ちに構えるより、もっと広く、相手の手を逆手に取ることで、上がられた相手からは「やられた!」と思わせることができるのです。

Sponsored Link

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?
麻雀必勝のテクニックベスト3。

戦略的なものもあれば、自分の手と点数の天秤を考える項目が多かったですね。
しかし、ここに書いたものは一部の例に過ぎません。
麻雀の本当の必勝テクニックはテクニックにはないと最後に言います。

それは「常に冷静であること」ことです。
例え放銃しても冷静に振る舞い、頭の中で「なぜ放銃したのか」を考えるのです。

逆もしかりで、上がれたからと言って素直に喜び過ぎてもいけません。
「なぜ相手が当たり牌を切ってきたのか」を考える作業も必要です。
なぜなら、まだ対局は終わっていないからです。

いろいろ聞いたり、話したりするのは対局が終わって落ち着いた頃にしましょう。
麻雀の大原則「綺麗・静か・丁寧」を守りながら、戦術的に「自分のフォーム」を持って頂けたら幸いと思います。
※紹介した打ち方はあくまでテクニックであり、実践で必ず上がれる保証ではありません。