夏の時期はどうしても汗の量が増えます。
身体の体温を調節するために必要な身体の代謝機能ですが、臭いが気になる人も多いはず。

だけど、汗そのもの臭いがあるわけではないのを知っていますか?
ではなぜ汗をかくと臭いが気になるのか?

本日は臭いの原因や予防する方法を紹介していきます。
ポイントは食生活を変えること!

ではご覧ください。

Sponsored Link

臭いの原因は汗ではなく細菌!

冒頭でも汗そのものに臭いは無いと書きましたが、では臭いの原因は何なのか?
結論から言いますと、皮膚にある菌を放置することが臭いの原因です。

皮膚常在菌というものなのですが、菌ですので汗や皮脂を栄養分として繁殖を繰り返します。

汗をかいた直後は臭いはありませんが、時間が経つにつれて臭いがキツくなるのは、この皮脂と汗を栄養分として繁殖する菌が臭いを発するから!

汗には良い汗と悪い汗がある?

同じように、暑くなるとかいてしまう汗ですが、良いものと悪いものが存在します。
良い汗と悪い汗があるのが違いはなんなのでしょうか?

これは汗をかいた後に、臭いの元になるのが悪い汗ですね。
良い汗は体温調節の為にかく汗で、菌の栄養分にはなりません。

特徴としては、お風呂に入っている時などに出るような汗!
サラサラとしていますよね。

反対に悪い汗は、ベトベトしたような汗になり、菌が繁殖しやすいもの。
体温調節はしますが、血液の大切な栄養までも排出してしまう汗で、菌のエサにうってつけなのです。

良い汗を出す食べ物?悪い食べ物?

ここまで説明をしたように、汗そのものは臭いはないのですが、臭いを発生させる悪い汗を出してしまうのが体臭の原因です。

これは普段の食生活が大きく影響していると言われています。
汗の臭いが気になるという方は、まずご自身の食生活を見直す必要あります。

では、どのような食生活が良いのかと言うと、野菜を中心とした食生活です。
根菜や葉物の野菜など幅広く食べるようにし、動物性タンパク質である、肉や卵、乳製品を控えることが第一でしょう。

近年、汗の臭いを抑えるデオトラントの需要が増えたと思いませんか?
若い方にはピンとこないかもしれませんが、私が学生の頃は現在のように夏の必需品ということはありませんでした。

食べ物
原因は食生活の欧米化の影響で臭いがきつくなった日本人が増えたからです。
昔はタンパク質を取る場合も、大豆などがメインでした。

その頃は当然デオトラントなどの製品はなかったのです。
臭いを気にする人はあまりいませんでした。

高度経済成長期になり、仕事の時間配分やビジネスとして技術の発展から、欧米の料理を楽しめるようになり、一般家庭でも普及した事から、日本人の体臭が強くなったと言われています。

普段から、お肉などの動物性タンパク質を食べている方は体臭がキツイ傾向にあります。
良い汗をかくためにも、野菜中心に、そして植物性タンパク質をとるように変えていきましょう。

体臭を悪化させてしまう食べ物は?

具体的にどんなものが悪い汗の原因になるのか紹介していきます。

  • 肉類(特に牛や豚などの赤身)
  • 牛乳・チーズなどの乳製品
  • インスタントラーメン
  • お菓子
  • アルコール

一般的に食べすぎると体に悪いイメージのモノが多いですね。
牛乳やチーズは動物性のタンパク質を多く含んでいますので、臭いの原因となります。

Sponsored Link

最後に

私の知人で、普段あまり肉を食べない人は、ほとんど体臭がありません。
スポーツをしたあとでも体臭がほとんどないのですね。
体臭の原因は、食生活に大きく関係していると言えるでしょう。

自分の体臭が気になる方は、お肉を控えることと、水を飲むこと!
これだけでも、ドロドロとした汗ではなくサラサラとした良い汗をかきやすくなりますよ。