普段何気なく食べているスパゲッティですが、おしゃれな方がたは「パスタ」と呼んでいたりしますよね。

そもそもスパゲッティとパスタは違うのか?
どうやって使い分ければいいのか?
基準はなんなのか?

皆さんはご存知ですが?

知らずに使っていると恥ずかしい思いをするかもしれませんよ!!
簡単に解説していきますので、気になる方はご覧ください。

Sponsored Link

そもそもパスタって?

パスタスパゲッティ
本場イタリアでパスタと認識されているのは、小麦を練って作った麺料理のこと。
マカロニやペンネなどが一般的です。

日本でパスタと聞くと多くの方は麺料理を想像すると思いますが、このように根付いている食文化で認識が違うということですね。

イタリアの食文化では、「小麦を使った物=パスタ」と認識がされています。

じゃあスパゲッティって?

まずパスタの中でも麺状のものをロングパスタと呼びます。
さらにその中でも太さによって呼び方が変わってきます。

  • 麺の太さが約2ミリだとスパッゲトーニ
  • そして1.8ミリ、スパゲッティ
  • 1.6ミリ前後になると、スパゲッティーニ
  • 1.3ミリ〜1.5ミリなるとフェデリーニ
  • 1.2ミリ未満ですとカペッリーニ

などの名称があります。

すなわちスパゲッティとはパスタの中の一種ということですね。

パスタとスパゲッティの使い方

そこまで深く考える必要はないかなとは思いますが、基本の知識を知っていれば恥ずかしい思いをしなくて済みますね。

今日のランチは「パスタ」「スパゲッティ」などのフレーズをよく耳にしますが、なにげない会話のなかでは「パスタ」を使っていれば間違いないですよね。

逆に「スパゲッティ」を使っていると、マカロニやペンネなどだった場合に、知識のある方にうんちくをきかされたり恥ずかしい思いをする可能性が。

しっかりと勉強して、スパゲッティやカッペリーニなどを細かく使い分けるのが正しいことではありますが、普段の会話の中では「パスタ」と呼ぶのが1番自然。

デートや友人とのランチでも「そんな細かいことをきにする??」なんて雰囲気になってしまいそうですね。

Sponsored Link

まとめ

日本で使われる「パスタ」「スパゲティ」という言葉ですが現状では意味が曖昧で統一されていませんよね。

そのような中では細かく使い分けている方が、逆に不自然かも。

友人や彼氏、彼女が間違った使い方をしていても、自信満々に指摘するのはNGですよ!!