車を購入する時に、「買う時は絶対に新車!」と拘っている方や「とりあえず乗れればいいや」と考えている方や、車選びは十人十色ですが新車と新古車の違いって知っていますか?

新車と中古車の違いはほとんどの方がご存知だと思いますが、意外と知られていない【新古車】について、車の状態の違いや、公正取引委員会での言葉の使用など、実態はどうなっているのか?

について説明していきますので、初めて車を購入するという方や、買い替えを検討している方はぜひご覧ください。

Sponsored Link

新古車という言葉は禁止されている!?

いきなりですが、公正取引委員会で「新古車」という言葉は禁止と決まっています。
車を販売するディーラーなどで、現在セールスの時に使っている所はありません。

現在は「未使用車」という言葉を使うようになっています。
つまり、販売からある程度の月日がたって一度も消費者に使われていない車の定義としてあった「新古車」ですが、現在は「未使用車」と使うようになっているのです。

未使用車の過去の名称である「新古車」のメリット

これは、ケースバイケースとしか言いようがありません。
販売ディーラーや車の販売時期によって、保険の優遇など変わるからです。

現在では「新古車」というワードを使う販売ディーラーは信用しないこととしか言えません。
公正取引委員会で禁止になっている名称を平然と使う業者を信用するという方がおかしい話。

新車と新古車の違いは?

ここで本題にいきましょう。
新車と新古車はただ、最初に発売した時期の差しかありません。

発売した日付から一度も購入されてない車が「新古車」となります。
中身自体は、新車となにも変わりません。

新古車である未使用車を買うメリット

1番大きなメリットは新車と比べて価格が安くなる可能性があることでしょうね。
正規の価格も時間がたつことによって価値が下がり、価格が下ります。

価格の振り幅は業者や、その地域、車の人気度によって需要が変わりますが、時期が過ぎると正規の販売価格よりも安くなることがほとんど。

人気がある車種ですとほとんど下がらないこともあるので、あまり人気がない車種の購入を考えている場合は、格安で新車と同じ車が購入出来る可能性があります。

新古車は補償サービスが変化する

やはり新車は、販売してからすぐに売れるように補償サービスを充実させていることがほとんどですよね。
そうなれば、最初の発売時期から日にちがたつと補償サービスの内容も変わる事があります。

車自体は変わりはありませんが、万が一何かあった時のサービスが時期を過ぎると消えてしまう事もあります。
詳しくは、購入する時に、スタッフに細かく聞いておけばいいでしょう。

ただ、一概に新車より悪くなるということではありません。
販売店としても、早く捌いてしまいたいという思いから、価格設定や保障サービスを充実させることもあるのです。

Sponsored Link

「新車と新古車」状態は一緒だが・・・

新車と新古車で一点だけ大きく違うところがあります。

それは新車はナンバー登録がまだされていない状態ですが、新古車は以前誰か購入手続きをしてキャンセルされてナンバー登録がされてるということ!

ただこれはデメリットではありません。
新古車ですとその分購入の際の諸費用が少し安くなります。

購入の際にはきっちりと確認しておきましょう。

まとめ

まず新車のメリットは補償サービスが充実していること。
対して、新古車(未使用車)は同じスペックで価格が安くなることがメリット。
中古車には不安があるけど、少しでも安く購入したいという方には全くデメリットがありません。

新車にこだわるのも良し、中古車で乗れればいいやという考えも良いでしょう。
ですが、今後は新古車(未使用車)という選択肢も視野に入れてみてはどうでしょうか?

新車や未使用車の価格もディーラーによって大きく違ってくるのを知っていますか?店頭に行く前に相場チェックや見積をしないと損することに!




新車の無料見積ならこちら!