お子様の教育や、両親とも仕事をするために必要になる幼稚園、保育園ですが、

  • どちらが良いのか?
  • どちらが安いのか?
  • 違いはなんなのか?

など、迷っている親御さんが多いのではないかと思います。

幼稚園と保育園の経営の違いや、教育の方針、料金の違いを簡単に説明していきますのでご覧ください。

※最後にそれぞれのメリット・デメリットをまとめていますので、時間が無い方はそちらに目を通してみて下さい。

Sponsored Link

保育園と幼稚園は入園の時期が違う

幼稚園は3歳から入園が可能です。
対して、保育園は0歳〜1歳の年齢でも入園が可能です。

出産を終えて仕事の関係で育児に時間を避けない方は保育園の方が良いことになりますね。
現在では、自分が働く時間を考えて実家に自分の子供を預ける方もいますが、全員がそうすることが出来るわけではありませんよね。

出産直後などに実家に預けることが難しいかたは、保育園を利用するのが良いでしょう。

保育園と幼稚園の通園の違い

幼稚園は通園バスのサービスをしていますが、保育園は通園バスはほとんどありません。
あるとすれば、幼稚園と保育園が混ざってきた施設になりますね。

なので、自分の仕事の都合で送り迎えが難しい場合は通園バスがある幼稚園を選択すると良いでしょう。
理由があり保育園に入園しなければいけない場合は、同じ保育園に通う子供がいる親御さんに頼んでいる方いらっしゃいます。

田舎では意外とそういう近所付き合いも多いようです。

保育園と幼稚園の料金の違い

まず、保育園は自治体や所得によって料金が大きく変わってきます。
大きくというのは、同じ自治体でも所得によっては月々の保育料の最大が5万円、最少が5千円。
所得が同じぐらいであっても、ある自治体では3万円、別の自治体では2万。
というぐらい、差があるのです。

それらは自治体のホームページなどで確認することができますので、一度確認してみると良いでしょう。

また無認可の保育園は公的な補助を受けていないため、料金はもう少し高めになります。

続いて幼稚園の場合ですが、公立幼稚園か私立幼稚園かで大きく変わってきます。

公立幼稚園の料金も自治体によって変わってきますが、
入園料が数千円~ 
月々の保育料1万~3万円が多いようです。
ただ公立幼稚園は人気がありますので、入園するためには抽選になることがほとんど。

対する私立の幼稚園は、
入園料が数万円(高いところでは5万円以上も) 
月々の保育料2万円~4万円

さらに私立幼稚園の場合はこれらの料金以外に、制服代、バス利用料、教材代などが必要。
公立幼稚園の2倍以上の負担は覚悟する必要があると言われています。

教育方針は決まっているか?

幼稚園は、文部科学省。
保育園は厚生労働省と管轄と基準が違います。

教育内容は、幼稚園はより小学校低学年に近い教育内。
保育園はあくまで最低限の知識とコミュニケーションをつける教育になります。

ですが昨今は、幼稚園でも自由保育を尊重したり、保育園でもひらがなを勉強したりと一昔前に比べると、明確な差がなくなってきているようです。

全てはより良い教育に繋がるようにということなので、混ざったような教育になってきいるのかもしれませんね。

そしてこれらは幼稚園・保育園を経営しているところによって皆さんが思っているよりも違いが大きいです。
入園前は近所での評判も参考にした方がいいでしょう。

これはネットにある情報でもいいですが、実際に通わせているお母さんやお父さん友達に聞いた方が良いと思います。
私の周りでも、長男はある保育園に通わせたけど、次男は別の保育園や幼稚園に通わせているという事実は多いです。

Sponsored Link

幼稚園・保育園のメリットとデメリットまとめ

まずは幼稚園から

    メリット

  • バスがあるので距離が遠い幼稚園でも通えることが出来る。
  • 迎えに来る時間が決まっているので每日の習慣が決めやすい
  • 小学校に入学する前の基本的な勉強ができる
    デメリット

  • 月々の料金が保育園より高い
  • 送り迎えの時間が決まっているため、帰りの時間と場所に必ず親御さんが必要
  • 保育時間が保育園よりも短い(9時~14時)
  • 小学校など同じように長期休暇がある(子供目線ならメリット)

続いては保育園

    メリット

  • 料金が幼稚園よりも安い(所得による)
  • 保育時間が幼稚園よりも長い(基本8時間)
  • 0歳~入園可能
  • 幼稚園よりも延長に対応してくれる
  • 夏休みなど長期休暇がない(子供目線ならデメリット)
    デメリット

  • 通園バスがない
  • 勉強という面では幼稚園に劣る

保育園と幼稚園の違いでしたが、教育は方法は近くなってますが明確な違いは通園方法が大きいようです。
あとは、選ぶ際に事前に身近な方から口コミを聞いておくのも大事ですよ。

どちらを選ぶかは皆さんのライフスタイルによって変わってきます。