お子様を持つ親が夏の時期に気をつけることは、熱中症や、脱水症状などありますよね。
他に気をつけねければならないのは「夏風邪」です。

子供や乳幼児にとっては、大人がかかるよりも症状が比較的軽いとは言われていますが、かかってしまったお子様にとってはつらいもの。

事前に予防出来るようにしておきましょう!!

Sponsored Link

子供の夏風邪の原因は特殊なウイルス

夏風邪の原因は、冬などの寒い時期にかかる風邪とは違うウイルスが原因です。
寒い時期にかかる風邪のウイルスは200種類。

夏風邪の代表的なウイルスは2種類で、「アデノウイルス」「エンテロウイルス」が主に夏風邪の原因とされています。

このウイルスは夏の高温多湿の気候を好むので、夏の時期にかかる風邪の原因はほとんどがこの2つです。

夏風邪の症状は?

風邪ですからおおまかには似たような症状ですが、冬にかかる風邪との違いはお腹の調子がより悪くなること。

アデノウイルスは呼吸器官を侵食し、エントロウイルスは消化器官である腸を侵食するので、通常の風邪よりも下痢や腹痛に苦しむ事になります。

そしてエンテロウイルスに起因するウイルス性の疾患として「ヘルパンギーナ」があり、夏風邪の症状の代表的なものです。

下痢などでお腹の調子が悪くなるだけはなく、高熱が出だしたら夏風邪と思いましょう。
他に、口内炎と水泡、喉の炎症も多く見られます。

夏風邪にかかったらどうすればいいの?

冬にかかる風邪のウイルスと種類が違う為、市販の薬に予防の効果はないと言われています。
まずは、十分な睡眠をきちんと取ること。

夏風邪に効く食べ物を、多めに食べるようにしましょう。

代表的なものとしては、生姜、ネギ、大根などの消化器官を元気にする食べ物。
通常の風邪と同じで、生姜をすりおろした味噌汁、シンプルな生姜湯も効果的。

他には、整腸作用が強い納豆とヨーグルトなども良いでしょう。
免疫力を上げることはウイルスを撃退することにつながります。

あとは、十分に水分を補給すること。

この時期は、暑くて汗をかく量が多く、水分は他の季節よりも失われやすいですよね。
水分不足は免疫力を下げてしまうので、少し多めに取るように心がけるとといいでしょう。

Sponsored Link

感染経路は?どんな場所がなりやすいのか?

水回り関係で感染する事が多く、トイレまわり、洗面所、プールなど。
夏風邪ウイルスは高温多湿を好むので、タオルの使い回し、飲み物の回し飲みなどでかかることも多いです。

夏の時期は、小学校や幼稚園、保育園の授業でプールに入ることで感染してしまうことも多いですね。

最後に

夏風邪は、冬の風邪と症状は似ていますが、市販の薬が効果がないのが厄介ですね。
お子様が、お腹の調子が悪い、高熱が出たら夏風邪の可能性が高いです。
早めに回復できる食べ物、飲み物を用意。

症状が落ち着かない場合は市販の薬に頼らず、早めに病院で診察してもらうのが良いでしょう。