急な雨で靴がビショビショ。
明日までに、絶対乾かせておきたい!

そんな方に、靴を早く乾かす方法を紹介します。
やるか、やらないだけでもかなり結果が変わってきますので、出来る方法があれば是非やってみてください。

洗濯機、新聞紙、扇風機、レンガ、ドライヤーなど、家庭にある物で出来る方法です!

Sponsored Link

靴を乾かす前は靴べらを必ずとるベシ!

靴べらは多くの水分を吸収しています。
つまり靴の中が湿気にまみれていますので、まずは靴べらを取ること。

はい。
靴べらは取りましたね?
それでは準備が終わったところで、乾かす方法を。

新聞紙を丸めて詰める

靴にたまった水分を吸収してくれます。
丸めて詰める方法、もしくは薄く靴の中に敷く方法もありますよ。

新聞紙がない時は、もう読まない本や漫画の紙で代用することも出来ます。

そしてこれから紹介する方法に合わせて使えるのが新聞紙ですので、乾かす時に必ず使えるテクニックになります。

ドライヤーを当てる

これは多くの方がやったことがあるのではないかと思います。
急いでいる時の手段としてはとても効果的。

ですが、湿気が残りがちで、どこか乾いたような感覚がしづらいことも多いですね。
このときに注意するのが、温風だと靴にダメージを与える場合があります。

靴の状態を保つためにも冷風で乾かしましょう。

脱水機にかける

自宅の洗濯機についている脱水機能を利用しましょう。
コインランドリーの共用洗濯機は、経営者の方、利用する方に迷惑をかけてしまいます。

革靴には向かない方法ですので、スニーカーに限定した方がいいでしょう。

ストーブの前におく

意外と早く乾く方法ですよ。
ただ、火事にならないように長時間はやめておきましょう。

ある程度乾いたら、自然乾燥を。

レンガの上に置く

レンガの上に置くと、靴が含んだ水分を吸収してくれます。
重力で、水は下に流れていきますから、湿気や空気が通る道を作ってくれるのですね。

合わせ技で、新聞紙、ドライヤーなども併用すると更に早く乾かすことが出来ますよ。

浴室に干す

浴室は常に換気扇を回している箇所ですので、湿気がこもることはありません。
この時、ハンガーを靴にかけれるように変形させておくとなおいいですね。

Sponsored Link

扇風機で湿気を飛ばす

湿気が多い梅雨の時などもいいですね。
ただ風を当てるだけでいいので簡単。

この時も新聞紙を詰めて、新聞紙をこまめに変えていきましょう。

まとめ

靴を早く乾かす方法で、実践できるものはありましたか?
ドライヤーや洗濯機は大体の方は持っていると思うので実践出来る方法ですよね。

最近は、新聞を取らない方も増えているようですので、新聞紙がない方は本や漫画の紙で代用を。

どれか一つやるだけでも、乾きが全然違いますので、早く乾かしたい時は、是非やってみてください。