テレビでも毎年ニュースになるほどになる熱中症。
老若男女だれでもなる可能性があるだけに、夏の時期は対策が必要です。

では熱中症に良いグッズはどんなものなのか?
今回は、子供用にオススメのグッズと対策を紹介します。

Sponsored Link

手頃な物でも熱中症対策は出来る

熱中症対策に必須とも言える、定番のアイテムを紹介します。

タオル

気軽に出来るのは首に巻けるくらい長さがあるタオル。
水を使える環境であれば、額につけてもいいし、首に巻くことで体温の上昇を抑えることが出来ますよ。

クールビットの耳かけタイプの帽子


名前だけだと、想像しにくいかもしれませんね。
NHKでも、熱中症対策に効果があると紹介された帽子です。

普通の帽子はUVカットはされていませんが、こちらの防止はUVカットされいてるんですね。

耳までカバーできるデザインになっているのも特徴。
カラーバリエーションも6種類あり、お子様の好みに合わせて選ぶことも出来ますよ。

クールビットのつばが大きい帽子


上に紹介したように、こちらも防止タイプ。
直接、日差しを予防するだけではなく、防止にUV加工も施されています。

耳まで届くつばがあるタイプもありますが、用途と好みに分けて使うといいですね。

水筒


水筒といえばサーモスが有名でしょうか。
私も、ちょっと出かける時にサーモスの水筒を使うことがあります。

熱中症の対策の1つとして、日差しと気温による体温の上昇が根本的な原因。
水分補給をこまめにすることは大きな予防効果があります。

ちょっとした遠足や遊びの時でも日差しが強く気温が高い時は水筒を持たすことも立派な熱中症予防になりますよ。

水筒に関しては、子供用に多くのデザインがありますので、サーモスに拘る必要もありませんのでお好きな物を選びましょう。

自宅での熱中症対策におすすめのグッズは?

子供や高齢者の場合は家の中にいても危険と言われています。
家にいたり、庭にいたりの場合は、帽子と水筒は他のもので代用が出来ますよね。

では家の中にいる時や自宅の周りにいる時に熱中症対策に良いものを紹介します。

立てかけるだけ!アーチ型シェード


こちらは、シンプルにたてかけるだけで、風よけ、日差しを直接浴びない、紫外線の遮断と便利なアイテム。

Sponsored Link

断熱と遮光をするエネオシェード


こちらは、自宅のカーテンを掛ける場所に使うアイテムです。
カーテンレールに設置するだけで、窓から光、温度の上昇を抑えることが出来る優れもの。

用途は変わりますが、冬の時期だと部屋の温度を保つことで寒さ対策にもOK.

最後に

熱中症は、家の中でも、外出をしている時でも起きることですね。
部屋の温度が高い時や庭ではなるべく日差しを予防することと、外にいる時は水分補給や身に付ける物で日差しと紫外線を予防!

親だけでなく、子供自身も気づかない内に熱中症になってしまうこともあります。
しっかりと事前の準備をしておきましょう。