カラオケの点数制度楽しいですよね。
友達とちょっとしたゲーム感覚で遊んだりと、場を盛り上げてくれる機能です。

ちなみに、アナタはカラオケで採点をしたらどのくらいの点数をマークすることが出来るでしょうか?
70点?80点?90点?
80点以上は合格ラインと言われていますよね。

どうしても80点を超えられない!
カラオケで高得点を出したい方は機械の特徴を把握しましょう。

Sponsored Link

採点方法は「DAM」と「JOYSOUND」で違う!

「DAM」は、音程の安定、表現力があると高得点が出やすいと言われています。
音程の安定は当然ですが、「表現力」ってどんな感じなのか。

表現力で点数に大きく影響するのは「抑揚」
想像してみてください。
ずっと同じ声の大きさで歌うのって変化がなく、良い印象にならないですよね。

声を大きく歌う所は大きく、小さく歌う所は小さくとメリハリをつけることが大切です。

「JOYSOUND」は音程の安定は当然ですが、「DAM」と違うのはテクニックが重要視されるようです。
一般的なイメージではビブラート、しゃくりでしょうか。

ビブラートは、メロディを歌っている時に震わせて変化をつける技術。
しゃくりは、母音を2つ混ぜて発声するイメージで言葉の音に重みを感じさせるテクニックですね。

機械による採点基準は概ねこんなところでしょうか。

高得点を出すためにやってはいけないこと

必ずしもやってはいけないというわけではありませんが、モノマネはあまり万人向けではありません。

アーティストをイメージして歌うことはいいのですが、「得点」は似ているかどうかではなく音程の安定やテクニックなどで判断をするので、得点に結びつくということはありません。

アーティストでも音程の安定は難しいもの。
テレビで、アーティストが自分の曲を歌うと意外と点数が低いことってありますよね?
高得点を狙うなら、音程を安定させることが第一です。

高得点を出すコツは?

カラオケではマイクで採点をします。
なので、マイクに雑音や呼吸の音などが入ると正確なメロディーとして得点に反映されないこともあります。
口とマイクの距離をある程度離しながら歌うといいでしょう。

そして「抑揚」を簡単に出来るテクニックとして、Aメロはマイクを離し気味に、サビの時は近づけて歌うことでアナタが声量を変えなくても「抑揚」をつけることが出来ます。

あとは、音程の安定の為に、喉がかれやすい飲み物や食べ物を食べないこと。
カラオケという場ですから、どうしても場の雰囲気はありますけど高得点を狙いたい時は控えめにした方が良いです。

そして、「マイク」を自分で用意するのもOK!
多くの人が使ったマイクは消耗されており、周りの雑音やマイク自体のハウリングなども起きやすくなっています。

Sponsored Link

高得点を狙いやすい曲は?

これは、得意不得意もあるのですが、音程の幅が狭い曲、特に高い声を出す必要のない曲、リズムとテンポが取りやすい曲がおすすめ!

ランキングを参考に紹介します。

  • 島崎ひとみさん「亜麻色の髪の乙女」
  • 夏川りみ「涙そうそう」
  • スピッツ「正夢」
  • THE BOOM 「島唄」
  • 一青窈 「ハナミズキ」
  • チャットモンチー「シャングリラ」
  • パフィー「アジアの純真」

沖縄勢が強い結果となっています。
どことなく感じさせる民謡は多くの人に親しみやすく、歌いやすいからなのかもしれません。

最後に

カラオケで高得点を出す為には、音程の安定、マイクの調子をしっかりすることですね。

機械は忠実に、あくまでもメロディーで得点を出すようにプログラムされていますので、モノマネで似せたり、感情を込めるような歌い方はしないほうが無難ですよ!!

最後に「Let It Go」で高得点を出したいなら、この2つをそろえれば完璧!!

May J.さんも指導を受けていたカリスマボイストレーナー「りょんりょん」