お風呂の掃除を每日やっていても、いつのまにか出来てしまうカビ
嫌ですよね。
ちゃんと掃除をしているつもりなのに、何故か出来てしまう。

壁やドアの隙間、天井、窓などが特に出来やすいですが、出来てしまった時に良い方法と、事前に予防できる方法があるので紹介していきます。

Sponsored Link

カビの原因は湿度・温度・水

お風呂はキレイに見えても、結局は身体の汚れを落とす為にあるもの。
わずかに残った身体の汚れから、湿気、空気、温度が混ざり合いカビへと繋がってきます。

この時に特に1番気をつけないといけないのが天井。
天井にカビがあると、胞子を飛ばして周りの壁や、ドアなどに付着し
また増殖をしてしまうのですね。

カビの予防法は?

お風呂に入った後に、ただ栓を抜いてるだけじゃダメ。
栓を抜いたあとに、冷たいシャワーを全体にかけ、冷やすようにしましょう。
熱いシャワーではダメですよ。

カビは、温度で20度~30度。
湿気が70%以上を好むと言われています。

だから、換気扇で湿度を抑えるだけでは、どうしてもカビが少しづつ出来てしまうのですね。

さらに気をつけるポイントとして、換気扇そのものがキレイなのか!
空気の循環をしているのでホコリ等も吸っているはず。
汚れていると、換気扇の効果が弱くなっていますよ。

カビをキレイに出来る方法は?手順は?

出来てしまった時、カビをキレイに掃除したい!
はいそうですね。

まずはカビ対策の洗剤を用意しますね。
そして、カビ対策の洗剤は皮膚に対して良い物はないので、ゴム手袋は必需品!

そしてお風呂全体に冷たいシャワーをかけて、カビが増殖しづらい環境と汚れを落として、洗剤の効果を高めましょう。

カビの除去洗剤を巻いたら、最低でも一時間を空けて、冷たいシャワーで洗い流します。
この時、カビの性質や多さなどで消えないこともあるので、回数を分けて掃除をする事もあるかもしれません。

カビの種類によっては洗剤が効きづらいということですね。

Sponsored Link

カビ対策、カビ掃除に便利なグッズは?

お風呂掃除といえばスポンジ!
だけど、スポンジが原因になっていることもあるとか。

マイクロファイバータオルの方が乾きも早くスポンジよりもカビが出来にくいとのこと。

他には、マーナ「風呂ブタ洗いブラシ」もあれば、浴槽のフタにもカビ対策がしやすいです。

ベルメゾン「バイオ お風呂のカビきれいネオパワー」が手間いらず。

これは換気扇に貼り付けるだけで、なんとOK。
カビの繁殖を防ぐとともに、物ぐさな人にもグッド!

最後に

水回りってどうしても汚れてしまうものですが、每日使うからこそキレイにしたいですよね。
1度汚れてしまったモノを綺麗にするのはかなりの労力を必要とします。

お風呂の場合は特に手間が掛かるので、
カビが出来る前に、カビが出来にくい環境を作っておくことが大切ですね!