家庭の食卓には欠かせない醤油。
けど、スーパーなどに行くと、うすくち醤油とこいくち醤油というのが売っていますよね?

あの違いってなんなのでしょう?
味の濃さ?
塩分濃度?

ということで今回は、うすくち醤油とこいくち醤油の違いを調べてまとめてみました。

醤油の豆知識として知っておくと便利かもしれませんよ?

Sponsored Link

こいくち醤油

これは、一般的な醤油になりますね。
生産されている醤油の8割以上を占めるのが、この「こいくち醤油」になります。

煮物や焼き物、だしに使ったり、たれに使ったりと、調理用の調味料として使うことも出来、何にでも使える醤油です。
また、こいくち醤油は、醸造過程で使用する大豆とほぼ同等の量の麦を炒って砕いたもの混ぜて作った麹を使用しているのも特徴です。

うすくち醤油

うすくち醤油
こちらは、塩分濃度が薄いわけではなく、色が一般のこいくち醤油より淡い色をしている醤油のことです。

ちなみに、塩分濃度は、こいくち醤油より約2%ほど高いのです!
うすくち醤油は、製造過程で高濃度の食塩で発酵・熟成を抑え、尚且つ醸造時間も短くして淡く仕上げているのが特徴です。

また、醸造過程の仕上げに甘酒や水あめなども加え、旨味も淡く控えめに仕上がっているのも特徴となっています。

その為、香りもこいくち醤油よりは薄いので、つけ汁用やかけ汁用などには不向きにはなっていますが、野菜の煮物やお吸い物、うどんつゆなのどの、淡い味付けに仕上げる調理にはとても向いている醤油になります。

また、醤油の色をあまりつけたくない、白身魚を煮る時などにも最適です。

違いは色合い!塩分が多いのは薄口!

こいくち醤油とうすくち醤油の違い、分かりましたでしょうか?
大きな違いは塩分濃度ではなく、色合いだったんですね。

また、味わいも淡く作られている、けれど、塩分濃度はこいくち醤油より高いと驚きでした。
その分、量を少なく使用しても、しっかりと味がつくようになっているのがうすくち醤油ですね。

Sponsored Link

まとめ

こいくち醤油とうすくち醤油、一概にどちらがいいとはいえませんが、料理に合わせて使い分けるのがいいでしょう。

オールマイティーに使える万能な醤油はこいくち醤油です。
けれど、うどんやお吸い物、魚や野菜の煮付けなど、醤油の色を強くつけたくないもの、あっさりとした味わいにしたいものにはうすくち醤油が合うといえますね。

醤油を買う時は、これらの特徴をうまく利用して、料理のアレンジなどで変えてみてください。