テレビドラマで、サスペンスから探偵物や科学捜査などでも多く登場する刑事と警察官。
日本の平和を守る立場でいながら、実際に会うと怖い印象があるという方もいるようです。

そりゃそうですよね。凶悪犯や、危険な目に合う可能性も多い緊張感に每日いるのですから。
街の警察署や、交番にいる警察官と刑事は何が違うのか?
どうすれば刑事になれるのか?
ちょっとした豆知識も紹介します。

Sponsored Link

刑事とは会社でいう部署のこと

多くの会社で、仕事の種類、特性でセクションが分かれていますよね。
それと同じで、刑事もそれと変わりはありません。

そして、民事訴訟の法律による裁判ではなく、刑事訴訟、刑事法に該当する事件は刑事課が担当する事になっています。
真っ先にイメージで思い浮かぶのは、殺人に関する事象ですよね。

交番勤務をしている警察官との上下関係は?

あくまでも刑事と警察官というだけでは、上下関係はありません。
ただし、刑事は比較的キャリア組エリートが多いため、どうしてもそのようなイメージにはなるかもしれませんね。

実際に、警察では刑事とは花型の職業と言われるくらいの位置づけなので、階級による上下ではなく部署による上下関係は警察官同士ではよくあることかもしれません。

給与面でも刑事だから高給という訳ではなく、あくまでも階級によって違ってきます。
刑事手当というものもあるようですが、そこまで高額ではないようです。

刑事になるにはどうすればいいのか?

刑事を夢見て警察官を職業に選ぶ人もいるでしょう。
刑事になるには、キャリアじゃないとダメなのかと言われればそうではなく、キャリアでもノンキャリアでもまずは、警察署、交番勤務がかならずあります。

この時の、犯人逮捕の実績や行動で判断をされて刑事課に抜擢をされるという流れです。
なので、刑事課でノンキャリアはよく叩き上げと言われるわけですね。

これは公務を仕事とする自衛官などにも多く、キャリア組、ノンキャリア組と同僚内で言われるわけですね。
そして、刑事になる審査の基準として、柔道、剣道などの実技の能力が高いことも当然求められます。

そして論理的に考えられる頭脳、判断力、刑法についての知識も必要になるので、必然とエリートと呼ばれる方が多いのも特徴。

刑事の服装は警察官と違うけどなんで?

これはまぁ…
犯人を捕まえるために仕事をするのですから、警察官と分かる服装をしないだけです。

テレビドラマなどではスーツが多いですが、業務によって変更があり作業服のような服装をすることも現実では意外と多いようです。

Sponsored Link

最後に小ネタ!

先ほど刑事は制服ではなくスーツが多いと紹介しましたが、実はスーツ代が支給されるようです!
自分が好きな生地を選んで配給されることになります。

税金で購入をするわけなので、とても高価なスーツというわけではありませんが、ある程度選ぶことが出来るようですよ。

刑事も警察官に変わりはありませんが、ちょっと特殊な立ち位置になるので、どうしても警察官と違うようにみえるかもしれませんね。
刑事さんもあくまでも警察にある部署の一部ということを覚えておきましょう。