市販の安いお肉はどうしても高級なお肉に比べて、旨味、柔らかさ、歯ごたえの違いがありますよね。

特にステーキ肉なんかは雲泥の差・・・

そんな安いお肉でも高級なお肉のように出来るちょっとした下ごしらえがありますよ。

日本では、ナイフとフォークで食事をするのがメインではなく、箸で食事することが多いですよね。
お肉の柔らかさは美味しさを感じるとても大切な要素。

そこで今回は、超簡単に安いお肉を柔らかく・美味しくする方法を紹介いたします。

Sponsored Link

漬けるだけで安い肉が柔らかく!

まずは、漬けておくだけでお肉を柔らかくする方法を紹介していきます。

  • コーラに10分間くらい漬ける
  • 味と匂いがコーラなるになることはありませんのでご安心下さい。
    ただし、漬けたあとの料理前に一度水洗いはしましょうね。
    でないと、調味料や油などがコーラと混ざってしまいます。

  • 炭酸水に漬けておく
  • 炭酸水素ナトリウムが、肉が持つタンパク質を溶かしてくれます。
    元々、余分なタンパク質がない肉と近い感触にするのに良い方法ですね。
    ちなみに、炭酸を含む飲み物で、牛肉、豚肉、鶏肉などの固い部位に有効ですので、柔らかさが欲しい時に使ってみるといいでしょう。

  • 日本酒、ワインで漬け込んでおく
  • ステーキの調理でワインや日本酒を加える事で旨味を引き出すこと技術はありますよね。
    実際に調理をする前に、ワインか日本酒に漬け込んでおくことで、焼いた時の不快に感じる硬さをなくすことが出来ますよ。

  • 牛乳に30分以上漬けておく
  • なんと牛乳もお肉を柔らかくするのに便利な物!
    牛乳の成分はお肉を分解する性質があります。
    一日以上漬け込むとさらに良くなるそうなので時間がある方は是非。

  • ヨーグルトを両面に塗る
  • 牛乳と同じくヨーグルトもお肉を柔らかくしてくれます。
    時間は30分程で十分。
    カレーやシチューを作る際におすすめ!

  • 玉ねぎをすりおろして漬ける
  • これはイメージ的にも、「あぁ、美味しくなるし柔らかくなりそう」って思うかも。
    玉ねぎをすりおろす手間暇はかかりますが、お肉の繊維を壊すことなく柔らかくかつジューシーに。

漬ける以外に方法はあるの?

他の方法としては、良く知られていると思いますが、肉を叩くという方法ですね。
包丁でも充分ですし、専用のミートハンマーもありますのでどちらか利用するといいでしょう。

これは調理法にもよるので、全ての料理に適応が出来るわけではありませんが、とんかつや唐揚げなどは叩いてお肉を柔らかくした方が、口に含んだ時に広がるお肉の美味しさは違うでしょう。

ステーキを作る際にも、事前に叩くことで柔らかさを引き出すことが出来るのですが、肉の繊維を壊してしまうと肉汁が焼いている時に出てしまい旨味が失われてしまいますので、加減の調整が大切になりますね。

Sponsored Link

ステーキを美味しくする裏ワザ!

ステーキ肉美味しく
続いては柔らかくする方法ではありませんが、安いお肉の味を高級肉に近づける裏ワザ!
必要なモノは【牛脂】

まず、フォークでステーキの全体にまんべんなく穴を空けます。
続いて薄くスライスした牛脂を、ステーキの表裏にペタペタと貼り付けます。
あとはラップで包み半日ほど冷蔵庫で寝かすだけ!

高いお肉の牛脂を使えばもっと美味しくなるようです。

最後に

ちょっとした工夫で、お肉を美味しく作ることが出来るんですね。
牛脂を注入した肉を提供していたとニュースで話題になったこともありますが、言い換えればひと手間かけると安い肉でも美味しくなるということです。

まずは、賞味期限が近づいてきた牛乳なんかで試してみると良いかもしれませんね。

他にも知っておきたい料理のコツ・裏ワザをまとめています。
>>>裏ワザ・時短・料理のコツまとめ<<<