今や、生活に欠かせなくなって来た電子レンジですが、入れてはいけないものがありますよね。
一番有名なのは、卵をいれると爆発してしまうというもの。

そもそも卵だけじゃなく、電子レンジの特性から使用を控えたほうが良い食べ物や容器があります。
爆発する理由から順番に紹介していくので、卵以外は大丈夫と思わないで頭にいれておきましょう!

Sponsored Link

電子レンジはマイクロ波(電波)で食品を温める

簡単に説明すると(簡単にしか説明できない・・・)電子レンジは、水蒸気を沸騰させることで温度をあげます。
しかし卵の構造上だと、水蒸気の逃げ場がないことから水蒸気爆発を引き起こす事になるのです。

この動画で分かりやすく説明してくれています。

理屈上では、圧力鍋でゆでたまごを作ろうとしても爆発をする危険がありますので、沸騰をした水で作るやり方をしたほうが良いです。

炊飯器を使った温泉卵・ゆで卵の作り方もありますが、こちらは純粋に水分の温度の高さで作るやり方ですので簡単に作りたい方には良い方法になると思います。

ではレンジで調理をしたい場合、卵はどのようにしたら爆発をしないのか?

生卵を容器に入れて温める場合、目玉焼き?を作りたい場合は、爪楊枝で黄身に穴を空けておくことで爆発を防げますよ。
そうすることで圧力の逃げ場が出来るので爆発がしないわけですね。

ゆでたまごなら、半分に切っておくとまず爆発はしません。
切らないで温めたいのなら、爪楊枝で黄身の部分を穴を空けておくと、圧力の逃げ場が出来ますので爆発することはなくなります。

卵の他に温めると危険なものは?

卵の他に危険なモノの代表としてソーセージがあります。
卵ほど危険度は高くはないのですが、卵の構造上と似ていて、膜に覆われているので爆発をする危険性があります!

ソーセージをレンジで温めると「ボンッ」や「プシュー」といって亀裂が入っていませんか?
卵ほどではありませんが、小さな爆発が起こっているのです。

ソーセージを温める際も、切れ目を入れたり、爪楊枝で穴を空けるなど、水蒸気の逃げ場を作ってあげた方が安全です。

他にも水分量と水分の逃げ場がないことが要因で爆発する食べ物で、さつまいもなどがあります。
水分が含まれており、皮がついた状態で温めることはダメと言われています。

他には液体全般はダメと言われています。
味噌汁を沸騰させている時に、いきなりボンッ!っていう経験はありませんか?
これは中に入っている具材の影響も大きいのですが、電波による温度の上昇は液体を温めるのに向かないようです。

Sponsored Link

電子レンジで使えない容器はあるのか?

食材の次に気になるのが、容器じゃありませんか?
食べ物だけではなく容器も当然、マイクロ波の影響を受けます。

まずは、ホット用のペットボトルです。
ホット用でもレンジのでの過熱を想定しているものではありませんので、破裂を招く危険があります。

他に使ってはいけない容器を羅列していきます。
知っているモノもあると思いますが、もう一度確認してみましょう。

  • 金属類
  • 缶詰などの容器ですね。金属が熱と電波に反応をして火花を散ることも。
    お皿などに金属の装飾がされている物も使用をしないように。

  • アルミホイル
  • 料理などにとても便利なアルミホイル
    オーブントースターなどに使うことも多いですよね。
    加熱のやり方が違う為、電子レンジでは使用はやめましょう。

  • プラスチック類は全般的に使えるが科学的に安全証明がない
  • 火花が散る、爆発をする事はありませんが、発がん性物質の発生の懸念があります。
    コンビニで売っているお弁当の容器は全てプラスチックで統一をされていますが、まだ学説的にも健康面での安全が確立されていないのが現状となっています。

終わりに

普段の食生活でとても便利な電子レンジですが、温める為に何にでも使えるわけではありません。
ポイントとしては、膜や殻、皮に包まれているものは危険性が高いということですね。