最近、モノマネメイクで有名になったざわちんさんがいますよね?
彼女がモノマネメイクをする際に気をつけるポイントと、上手く近づけるポイントに眉毛を挙げていました。
つまり人の印象を決める要素「眉毛」はとても大きなパーツと言えるわけです。

まぁ今回は、誰かに似せることが目的ではなく、あくまでも少しでもかっこ良く、スマートでカッコイイ印象を与えることが目的です。
髪型やファッションも関係はしていきますが、お金をそこまでかけないで眉毛を整えるだけでかっこ良くなるなら、明日からでも出来る事ですので、試してみてはどうでしょう?

Sponsored Link

眉毛の印象は長さと太さで決まる

同じ長さの眉毛だとしても、長い眉毛は清潔感を感じない人がほとんど。
長さとしては4mmぐらいがいいのではないでしょうか?

薄すぎても不自然に感じますし、美容師や職業によって似合う人が変わってきます。
そして補足ですが、長さとは目尻まで届く長さと、毛一本自体の長さがあります。

面積の長さは不自然に短くしないことが鉄則!

そして一本一本の眉毛の長さを整えること先に行いましょう。
眉毛面積の長さの調整は慣れていない方は難しいですし、どんな眉毛にするか決まっていないとあやふやになる可能性がとても高いです。

先にまず、どんな眉毛にしたいのかイメージを固めること!

芸能人でも身近にいる友だちでもいいでしょう。
形のイメージを決めることは失敗をしないために絶対に必要です。

そんなにこだわりもなく、時間をかけて手入れするのがめんどくさい!というかたは、下の動画を参考にしてみてください。
1分で簡単かつ失敗しない方法を説明しています。

実際に使う道具はどんなもの?

個人的なおすすめはバリカンなのです。
バリカンと聞くと「えっ!?」って思うかもしれませんが長さを調整出来るので、簡単に自分好みの眉毛の長さに整えることが出来ます。
ドンキホーテなどで売っている2千円前後のバリカンでも充分。

バリカンがどうしても嫌だなぁと思う方は、薬局で売っている鼻毛などをカットできる小型のハサミで代用も出来ます。
目元ですから傷がつかないハサミを選ぶようにしましょう。

くし付きの眉毛用のハサミも売られていますが、初めての方は使いにくいと思います。
くしを付けたまま整えようとしても、長さがバラバラになるか、薄くなりすぎるか・・・

長さの調節に自信が無い方は、先に説明したバリカンか、長さ調節できる眉毛シェーバーを使いましょう。

Sponsored Link

女性目線でも眉毛は整えた方が良いとの意見!

ここで注意するのは、甲子園球児のような眉毛ではなく、あくまでナチュラルにキレイになっている眉毛の事を指します。
普段テレビを見ていて、芸能人は男性でもメイクをしていますよね?

日常で肌まではしませんが、テレビに出ている芸能人は眉毛をキレイに整えています。
あのようなイメージで整えるといいですね。

メンズのコスメ市場もとても伸びてきており、男性の美容もモテるために必要になってきています。
女性の価値観に会うような眉毛にすることで、明日から女性からの目が変わるかもしれませんよ。